セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

イタリアの伝統は「弱者で勝者」。
“ティキタカ”を捨てて挑むEURO。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/06/05 08:00

イタリアの伝統は「弱者で勝者」。“ティキタカ”を捨てて挑むEURO。<Number Web> photograph by AFLO

チームのフォトセッションにスーツで登場したブッフォン(右)とシリグ。GKこそが“カテナッチョ”のまさに中心だ。

FIFAランク2位のベルギーから届いた挑戦状。

 そして今大会、アズーリには挑戦状が届いてもいる。

 送り主は、大会初戦の相手ベルギーの指揮官ビルモッツだ。

「リヨンでの大会初戦が鍵だ。うちかイタリア、敗れた方が一気にグループ敗退のリスクを抱えることになる」

 出場国で最も高いFIFAランク2位を誇るベルギーのビルモッツは、“黄金世代”と呼ばれるトッププレーヤーを揃え、ベスト4以上を狙う。

「うちとポルトガル、そしてイタリアが(優勝への)セカンドグループだろう。2年前のブラジルW杯で、まだ若かったベルギー代表はさまざまなことを学んだ。EUROの方がW杯より難しい大会だということは承知しているし、イタリアとの試合が戦術的な試合になることも覚悟している。ただし、ベルギーはもう(国際大会の)右も左もわからない甘ちゃんチームじゃない」

 応えるのは、アズーリ史上最多出場試合数を更新し続ける主将ブッフォンだ。

「イタリアへの下馬評が低いことは感じているし、おそらくそれは正しい評価なんだとも思う。だが、大会本番ではそれをバネにして、根性を見せることが大事だ。ライバル国がイタリアを過小評価してくれる方が、その分サプライズも起こしやすくなるというものさ」

つねに弱者の戦いを追求し、勝利してきた。

 4年前に準優勝したときも、アズーリに対する大会前の評価は決して高くなかった。

 イタリアは、サッカー史の勝者ではあるが、強者であったことはない。つねに弱者の戦い方を追求してきたからこそ、タイトルに手をかけてきた結果至上主義なのだ。

“カテナッチョ”とは、アズーリの精神である。

 DFたちが守る細かな位置取りのステップのことでもあり、自らの持ち場所は相手のユニフォームを破いてでも通さないという責任感の発露でもある。

「カテナッチョ」の言葉を口にするとき、イタリアの男たちは目の色を変える。ベルギーもアイルランドもスウェーデンも、あらためてその真実を知るはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
アントニオ・コンテ
ジャンルイジ・ブッフォン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ