今日も世界は走っているBACK NUMBER

小布施見にマラソンで出会った人々。
猛暑を完走した87歳の仮装ランナー。 

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph byTatsunori Suzuki

posted2015/08/16 10:40

小布施見にマラソンで出会った人々。猛暑を完走した87歳の仮装ランナー。<Number Web> photograph by Tatsunori Suzuki

小布施見にマラソンは、仮装も「本気」である。今大会では、ゴジラとモスラが出会う、なんていう奇跡も。

ランニングは、素晴らしい人と出会わせてくれる。

 聞くと、ランニングを始めたのは50代から。以来30年以上、ブラインドランナーの伴走者として走り続けているとのこと。

 恐るべし、健脚おばあちゃんである。

 赤ずきんおばあちゃんとは、帰路の小布施駅で偶然一緒になった。

 衣装に合わせたのか、赤いランニングシューズ。そして、ビニール袋のなかには手作りの赤ずきんのコスチューム。

 大切なものをしっかり握っている、終始元気な笑顔を絶やさない可愛いおばあちゃん。

 またどこかのレースで会いたい――。

 ランニングというスポーツは、時々こんな形で素晴らしい人と出会わせてくれる。

関連記事

BACK 1 2 3
金哲彦
小布施見にマラソン

陸上の前後の記事

ページトップ