Number on NumberBACK NUMBER

結婚、出産を経て大活躍。
~バレー荒木絵里香の健在ぶり~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/27 10:30

結婚、出産を経て大活躍。~バレー荒木絵里香の健在ぶり~<Number Web> photograph by AFLO

今年の1月11日、プレミアリーグ出場試合数が230となってVリーグ栄誉賞の受賞資格を得た荒木絵里香。

 Vリーグの2014年-'15年シーズンが終了した。プレーオフの形式が変わって、NECが10年ぶり5度目の優勝を決めたのは4月4日だったが、ここではレギュラーラウンドの個人成績から、注目すべき成績を残した選手について書いてみたい。

 スパイク、ブロック、そしてサーブ。バレーボールで直接得点につながるこの3部門において今季、総合的に最も優れた成績を残したのは結婚、出産を経て2シーズンぶりに現役に復帰した、上尾メディックスの荒木絵里香である。

 ロンドン五輪で銅メダル、'12-'13年シーズン終了後、東レアローズを退団して、'14年1月に出産すると、そのわずか5カ月後、上尾に入団して現役に復帰した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

荒木絵里香
眞鍋政義
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ