ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

競泳日本を担う次世代エース誕生!
銅メダル・萩野公介、飛躍の理由。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShinji Oyama/JMPA

posted2012/07/29 12:10

競泳日本を担う次世代エース誕生!銅メダル・萩野公介、飛躍の理由。<Number Web> photograph by Shinji Oyama/JMPA

4分8秒94の日本新で高校生としては56年ぶりのメダリストとなった萩野公介。予選でも4分10秒01の日本新をマークし勢いにのっていた。1956年のメルボルン五輪400m自由形、1500m自由形で銀メダルに輝いた山中毅選手は、ローマ、東京大会にも出場して計4つの銀メダルを獲得した。萩野の未来に期待が膨らむ。

飛躍へとつながった不調の1年。

 4月の世界選手権代表選考会を体調不良で欠場し、代表入りを果たせず、苦しい1年を送った。

 出られなかった世界選手権の400m個人メドレーで、堀畑裕也が銅メダルを獲得する活躍を見せたことに、「出たかった」と刺激を受けた。これまでの取り組みを「甘かった」と反省し、体調管理など取り組む姿勢が変化した。

 それが、飛躍へとつながった。今年4月の日本選手権では、自己記録を4秒以上も縮め、4分10秒26の日本新記録で優勝。昨年の世界選手権で銀メダルに相当するタイムで、ロンドン五輪代表入りを果たしたのである。

「自分は若いし、失うものは何もありませんから」

 そう宣言して臨んだロンドン五輪では、予選で日本新記録、決勝でさらに記録を更新し4分8秒94。なによりも思い切りのいいレースっぷりが印象的だ。

 それが可能だった理由は、おそらくは次の言葉にある。

「(ロクテ、フェルプスへの)歓声がすごかったですが、これがオリンピックなんだなあって、楽しかったです」

 オリンピックは誰にとっても特別な舞台だという。だが、大会へ向けた抱負のとおり、17歳の若者らしく、思い切り大舞台にぶつかったからこそのメダルであった。

 そして、周囲の期待にこたえる今回の泳ぎは、今後の日本の競泳界を引っ張っていく次代のエースの誕生を告げるものでもあった。

高校生萩野が勢いづかせた水泳日本。

 萩野は、200m個人メドレーにも出場する。

「チームがこれで勢いがついて、メダルをたくさん獲れればうれしいです。自分もがんばりたいです」

 今回の日本の競泳陣は、北島康介、入江陵介、寺川綾ら注目を集める選手以外にも実力者がいる。

 初日のメダル獲得は、萩野の言葉どおり、日本チームにとっても、幸先のいいスタートとなるものであった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

萩野公介
マイケル・フェルプス
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ