ボクシングPRESSBACK NUMBER

三浦隆司の左が炸裂、内山高志が
ダウン。しかし見えた“勝ち筋”。

posted2020/07/14 11:05

 
三浦隆司の左が炸裂、内山高志がダウン。しかし見えた“勝ち筋”。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

偶然のバッティングで流血した内山(左)に襲い掛かる三浦。厳しい状況のなか、内山は冷静に勝つためにやるべきことを整理していた。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Hiroaki Yamaguchi

日本人同士の“強打者対決”となった2011年の世界タイトルマッチを振り返る特集、全3回中、2回目の記事です。
第1回「内山高志×三浦隆司の強打者世界戦。KO必至の試合前、右拳を痛めた王者」、第3回「内山高志、TKO勝ち。両目とも腫れ、視界がない三浦隆司が「もう無理」」は記事最終ページ下にある「関連記事」からご覧ください。 

 やべっ。

 2ラウンド、反射的に飛び出した右ストレートが三浦隆司の頭を捉えた。激痛が走ったのはチャレンジャーではなく、パンチを放った内山高志のほうだった。

 それでも表情は平然と、胸の奥に隠す心の顔だけをしかめた。

「めちゃくちゃ痛かったですよ。だけど痛いから、右をもう出さないっていうわけにもいかない。しかしこれが軽く打ってもどうしようもなく痛い(笑)。(拳を)握れていないから、あれじゃパンチが効くわけない。それでもバレないためには右は出さなきゃいけない」

 想定内ゆえにパニックになることもない。

トレーナーに小声でつぶやいた。「右、ダメだわ」

 元々「まあ何とかなるっしょ」という楽観的な性格。何が起こったとしてもマイナス思考に支配されることはない。

 左ジャブの打ち終わりに右フックを合わされそうになったシーンがあった。相手陣営から「いいよ、それだよ!」の声が聞こえたという。

「ジャブを打つとそのまま(腕が)落ちるクセがあって、右フックを返す練習をしてきたんだなって分かりました。ブンッてきましたからね。これを狙っていたのか、危ねえって。逆にナイスアドバイスって心のなかで声を上げましたよ」

 距離を取り、ジャブの打ち終わりに注意を払う。右を痛めた気配をまったく見せずジャブでコントロールを続け、ラウンドの支配を緩めることはなかった。

 コーナーに戻った内山は佐々木修平トレーナーに小声でつぶやいた。

「右、ダメだわ」

【次ページ】「誰かにこの会話を聞かれたらまずい」

1 2 3 4 NEXT
内山高志
三浦隆司

ボクシングの前後のコラム

ページトップ