ボクシングPRESSBACK NUMBER

三浦隆司の左が炸裂、内山高志が
ダウン。しかし見えた“勝ち筋”。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2020/07/14 11:05

三浦隆司の左が炸裂、内山高志がダウン。しかし見えた“勝ち筋”。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

偶然のバッティングで流血した内山(左)に襲い掛かる三浦。厳しい状況のなか、内山は冷静に勝つためにやるべきことを整理していた。

「やるべきこと」を頭のなかで整理していた。

 三浦はこの左ストレートにすべてを注ぎ込んできた。日々の練習で打ちまくってきた。

 イチかバチかなら、ここしかない。

 再開の合図と同時に前進してまたも左ストレートを浴びせる。

 しかしクリンチをほどいて右、左をぶん回したところで勢いあまって転んでしまう。

「もうなりふり構わず、当ててやろうって思いました。チャンスを逃がしたくないっていうその思いだけでした」

 ラウンド終了を知らせるゴングが鳴る。内山はしのぎ切ったという思い、三浦はチャンスを逃がしたという思い。内山がいくら楽観的なキャラクターであるとはいっても、こんな苦境なかなかない。

 使えない右拳、初めてのカット、そして序盤のダウン、言わば苦境の三重奏。

 しかし三浦が言うように、内山の目は死んでいなかった。むしろ情報をすべてインプットしたとばかりにコーナーでは「やるべきこと」を頭のなかで整理していた。

「三浦の右目が2ラウンドくらいから赤くなっていたんで、目を腫らしていこうと(セコンドとは)そういう話になりました。それで十分いける、と。右フックよりも怖いのはあの左ストレート。ビッグパンチに気をつけて右のガードを絶対に下ろさない、と」

 左だけでコントロールして、徹底してヒット&アウェーで勝ち切るしかない。追い込まれているはずなのに“勝ち筋”がはっきりと見えていた。

関連記事

BACK 1 2 3 4
内山高志
三浦隆司

ボクシングの前後の記事

ページトップ