ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

井岡一翔「いくしかないと覚悟を」
エリートの弱点を克服した初防衛。

posted2020/01/06 12:15

 
井岡一翔「いくしかないと覚悟を」エリートの弱点を克服した初防衛。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

「打たせずに打つ」タイプだった井岡一翔が、被弾覚悟で前に出た。その気迫は世界の舞台につながっている。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Hiroaki Yamaguchi

 2019年の国内男子ボクシングはWBO世界スーパー・フライ級の井岡一翔(Reason大貴)、WBOフライ級、田中恒成(畑中)の両王者による防衛で幕を閉じた。

 田中が快勝した一方で、日本人選手初の4階級制覇王者の井岡は指名挑戦者、ジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)に前半苦しめられながらの判定勝ちで初防衛に成功した。

 完成されたボクサーとの印象が強い井岡が、大みそかのリングで新たな一面を見せた。

 簡潔に表現すれば「泥臭くても勝つ」。2階級制覇王者の井岡弘樹氏を叔父に持ち、デビュー当時から注目を浴びる井岡はエリートというキャッチフレーズが付きまとうが、今回はそうしたイメージとは一線を画すファイトとなった。

 試合が始まるとエリートぶりを発揮したのはオリンピックに2度出場し、プロで無敗のシントロンだった。自慢の脚でポジションを巧みにずらし、距離をキープしながらロングレンジからの左ストレートをカウンターで打ち込む。

 身長とリーチで劣る井岡は距離を詰めることができない。サウスポーとの対戦がおよそ6年半ぶりという影響もあるのか。スタートの2ラウンドは、プエルトリコのテクニシャンが日本の職人を翻弄しつつあった。

「少々もらってもいくしかない」

 どうやって立て直すのか。井岡の言葉にこの試合にかける思い、そして「新たな一面」が凝縮されていた。

「序盤にけっこうもらい出したときに、少々もらってもいくしかないと覚悟を決めた」

 いわゆるエリート・ボクサーは「少々もらう」ことを嫌がるものだ。パンチをもらうのが怖いというより、テクニックに自信があるがゆえに、被弾すること自体を許せないのだろう。

 アマチュア時代から身についたその思いを払拭できず、大成できなかったり、長くチャンピオンでいられなかったりしたボクサーがたくさんいる。

【次ページ】 井岡もかつては被弾を嫌うタイプだったが……。

1 2 3 4 NEXT
井岡一翔
井上尚弥
村田諒太
ジェイビエール・シントロン

ボクシングの前後のコラム

ページトップ