ボクシングPRESSBACK NUMBER

田中恒成、キャリア最高のKO勝利。
「俺だって現役、尚弥さんを超えたい」

posted2020/01/07 11:30

 
田中恒成、キャリア最高のKO勝利。「俺だって現役、尚弥さんを超えたい」<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

15戦15勝9KO。戦績は輝かしいが、田中恒成からは飢餓感が溢れている。それは前を走る井上尚弥を追うゆえだろう。

text by

森合正範

森合正範Masanori Moriai

PROFILE

photograph by

Hiroaki Yamaguchi

 右アッパーから左アッパー2連発でテンカウントを聞かせた。

 2019年大晦日のWBO世界フライ級タイトルマッチ。勝者となった王者・田中恒成(畑中)はコーナーポストへ駆け上がり、「これが俺のボクシングだ!」と言わんばかりに観客へアピールした。挑戦者のウラン・トロハツ(中国)は大の字になったまま。2分近く立ち上がってこない。

 そんな凄惨なKOシーンを目の当たりにし、約2カ月前に聞いたある言葉を思い出した。

「すごい評価なんだけど、それ以上の結果を残していく。この人は『凄いな』と思われながら、いつもそのイメージよりも上の内容と結果で勝っていくんです」

 田中の井上尚弥に対する評だった。

 井上を評したように、この日の田中もまた戦前に予想された勝ち方を超えていった。

毎試合、10kgを超えていた減量。

 序盤から切れ味鋭い左ジャブ、右ストレート、連打も速い。初回から支配し、左ボディーを打ち込む。何度も左をねじ込む。

 3回。これまでのボディーが伏線となり、相手に腹を意識させて、「(顔面が)空いたな」と瞬時の判断で右アッパーから左アッパーのダブル。そこにいたのは、これまでとは違う、圧倒的な田中恒成だった。

「体調がいい状態で試合に臨んだことがほとんどない。今回は少なからず今年で一番良かった。その最大の要因は自覚ですかね。俺もそろそろ一皮むけたい。そこを邪魔していたのが減量だったので」

 試合後、控え室で「自覚」を強調した。これまで減量が厳しく、パフォーマンスよりも、体重を落とすことが目的になっていた。今回は食事の管理とともに、早めに体重調整に取り組んだ。試合前の減量で10kg以下だったのは初めてだったという。

【次ページ】 「練習で強いのはもう分かったから」

1 2 3 4 NEXT
田中恒成

ボクシングの前後のコラム

ページトップ