酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

“令和初の名球会”は坂本か藤川か。
石川雅規が40歳で挑む、あと29勝。

posted2019/11/25 11:15

 
“令和初の名球会”は坂本か藤川か。石川雅規が40歳で挑む、あと29勝。<Number Web> photograph by Kyodo News

ヤクルト左のエースとして長きにわたってローテーションを守る石川雅規。残り29勝となった200勝の偉業に到達できるか。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今年亡くなった金田正一氏の功績はあまたあるが、中でも特筆すべきものに「日本プロ野球名球会(通称名球会)」の設立がある。

 設立当初の基準で言えば、NPBで200勝あげた投手、2000本安打を打った打者に入会資格があった。あくまで私的な団体が制定した基準だが「名球会」はプロ野球選手に、大きな目標を与えた。

「名球会」ができるまで、2000本安打、200勝を達成した選手の扱いは時代により、メディアによりまちまちだった。

 筆者は新聞縮刷版で達成選手の達成時の記事を確認したところ、川上哲治や長嶋茂雄の2000本安打は一般紙でも大きく取り上げられたが、広瀬淑功、張本勲、王貞治などはスポーツ紙でもベタ記事の扱い。選手のコメントさえほとんどなかった。

 しかし1978年に「名球会」ができてからは、スポーツ紙も一般紙も大きく取り上げるようになった。「名球会」は、超一流選手のステイタスになったのだ。

野球殿堂よりもわかりやすい?

 功績のあった選手を顕彰するものとしては「野球殿堂」がある。

 こちらはNPB公認で権威があるが、殿堂入りするのは引退してかなり年数がたった選手なので、基準がはっきりしない。

 しかし「名球会」は2000本、200勝と基準が明確で、現役選手が目の前で称賛される。そのわかりやすさも普及した理由だろう。なお下世話な話だが、「名球会」入りしている野球人とそうでない野球人では「講演料」にも結構な差がつくことがあるという。

 さて、現在の「名球会」の入会基準は2000本安打、200勝、250セーブとなっている。また「日米通算」もOKになった。

 ただし、日米通算の場合「日本での記録を起点とする」となっている。MLBで1999本打った外国人選手が、NPBに移籍して1本打っても名球会入りとはならない。日本で最初に1安打を打ってからのカウントとなるのだ。

【次ページ】 打者で2000本が見えているのは?

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

坂本勇人
藤川球児
石川雅規

プロ野球の前後のコラム

ページトップ