プロ野球PRESSBACK NUMBER

プロ野球選手がFAする理由と葛藤。
SB福田秀平が決断前に明かした本心。

posted2019/11/25 15:00

 
プロ野球選手がFAする理由と葛藤。SB福田秀平が決断前に明かした本心。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

シーズン終了後にFA宣言したソフトバンク福田秀平。進路を決断する直前にインタビューに応じてくれた。

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 福岡ソフトバンクホークスの福田秀平が、11月2日にフリーエージェント(FA)宣言選手として公示された。これを受けて複数球団による争奪戦が繰り広げられているが、当のFA選手はこの期間をどのような心境で過ごしているのか――。

 これからFA権を取得するプロ野球選手や、「そもそもFA宣言ってどのようなことをするの?」という疑問を抱く野球ファンの皆様の参考になれば、と福田がインタビューに応じ、率直に胸の内を明かしてくれた(聞き手:田中大貴)
※このインタビューは11月22日に行なわれたものです。

――今の時点で、進路は決まっているんですか。

「まだ、迷っているところです。これから代理人と最終的なミーティングをして、最後は自分で決めたいと思っています」

――福田選手は今年の7月14日に国内FA権を取得しました。シーズンに入るとき「今年はFAの年だ」と意識しましたか。

「大事な年だとは思っていましたけど、ホークスでレギュラーではなかったですし、まずは一軍のベンチ入りを勝ち取らなければなりませんから、実際に取得するまでFAを意識したことはありませんでした」

――これまでFAに対して何かイメージは持っていましたか。

「僕が子どもの頃のイメージは、『FA=ジャイアンツに入ること』でした(笑)。ジャイアンツじゃなくても(希望が通れば)自分の行きたいチームに行けるわけですから、一軍で活躍した選手しか得られない権利だと思っていました」

FAは「一人前になった証」。

――FA権を取得した7月14日は、周りの選手から何か言葉をかけられましたか。

「みんなから『おめでとう』と言ってもらえました。球団のフロントの方からも『福田君。FA権、おめでとう』と」

――どのような意味だと受け取りましたか。

「さまざまな意味が込められているなと……FAは単に好きなチームに行ける権利というだけでなく、プロ野球選手として一人前になった証でもあるのかなと思います。球団の方からは『これでホークスの管理下ではなく、市場の選手になったね』という表現をしてもらいました」

――「おめでとう」に対して何と答えるんですか。

「『おかげさまで取得することができました』と。一軍の登録日数で取得できるものなので(工藤公康)監督にもお礼を言いましたし、秋山(幸二)前監督にも報告しました」

――FA権を取得してから、誰かに相談したんですか。

「選手では川島(慶三)さん、松田(宣浩)さん、あと僕のロッカーは内川(聖一)さんと和田(毅)さんに挟まれているので、よく相談に乗ってもらいました」

――周りからはどのようなアドバイスをもらいましたか。

「『他球団の評価を聞ける機会はFAしかないよ』とか『挑戦したらいいんじゃないか』とか、そういう声が多かったですね。ホークスは宣言残留が認められているので、まずは手を挙げてみようという気持ちになりました」

【次ページ】 決めたのは日本一になってから。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福岡ソフトバンクホークス
福田秀平

プロ野球の前後のコラム

ページトップ