酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

“令和初の名球会”は坂本か藤川か。
石川雅規が40歳で挑む、あと29勝。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/11/25 11:15

“令和初の名球会”は坂本か藤川か。石川雅規が40歳で挑む、あと29勝。<Number Web> photograph by Kyodo News

ヤクルト左のエースとして長きにわたってローテーションを守る石川雅規。残り29勝となった200勝の偉業に到達できるか。

250セーブが狙える守護神たち。

<セーブ 250セーブ NPB単独3人>

藤川球児(神)241セーブ
今季16セーブ/あと9セーブ

サファテ(ソ)234セーブ
今季0セーブ/あと16セーブ

増井浩俊(オ)163セーブ
今季18セーブあと87セーブ

山崎康晃(De)163セーブ
今季30セーブ/あと87セーブ

松井裕樹(楽)139セーブ
今季38セーブ/あと111セーブ

 藤川については一度取り上げたが、いよいよ来季達成する可能性が見えてきた。

 松坂世代は暮色が濃く、中日を退団した松坂大輔(NPB通算114勝、日米通算170勝)は西武に移籍すると報じられている。今オフには館山昌平(ヤ)、永川勝浩(広)、實松一成(日)が引退している。

藤川も不惑で挑む名球会入り。

 来季NPBでプレーする可能性があるのは松坂、和田毅(ソ)、久保裕也(楽)、渡辺直人(楽)、そして藤川の5人だけになった。

 阪神は、今季半ばまでクローザーを務めたドリスの退団が取りざたされている。もし退団となれば、来年7月に不惑を迎える藤川が、阪神の守護神として松坂世代初の「名球会」に挑戦することになるだろう。

 金田正一が興した「名球会」は、いろいろな問題があって、今は別の団体になっている。実は金田も新団体ではメンバーから外れている。

 しかし、プロ野球選手に「名球会入り」という大きな目標を与えた功績、選手生活の終盤に輝かしいステージを用意した功績は「金やん」なのは確かだ。

 その金田が86年の生涯を閉じた中で、果たして令和最初の「名球会」メンバーは、誰になるのだろうか?

関連記事

BACK 1 2 3 4
坂本勇人
藤川球児
石川雅規

プロ野球の前後の記事

ページトップ