“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

2009年ドラフトの今を検証<DeNA編>。
筒香嘉智の指名は後世に残る英断。

posted2019/10/06 18:00

 
2009年ドラフトの今を検証<DeNA編>。筒香嘉智の指名は後世に残る英断。<Number Web> photograph by Kyodo News

将来を見据え、筒香嘉智を指名したベイスターズ。その後の活躍は周知の通りだ。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 いよいよ今年も「プロ野球ドラフト会議」の季節がやってきました。NumberWebでは、昨年も好評だった全12球団の10年前のドラフトを振り返って現在の戦力を検証する短期集中連載を企画しました。ジャーナリスト・小関順二氏による分析のもと、ドラフトの歴史を振り返ってみましょう。

 第3回は横浜DeNAベイスターズです!

<2009年ドラフト>
1位 筒香嘉智/内野手/横浜高
2位 加賀繁/投手/住友金属鹿島
3位 安斉雄虎/投手/向上高
4位 眞下貴之/投手/東海大望洋高
5位 福田岳洋/投手/四国・九州アイランドL香川
―育成―
1位 国吉佑樹/投手/秀岳館高
2位 小林公太/投手/多摩大聖ヶ丘高

 この年、ベイスターズは2年連続最下位に低迷していた。8年間ではAクラス1回という万年Bクラスの弱小球団で、その責任の大半は投手陣にあると言っていい。'09年のチーム防御率はリーグ唯一の4点台(それも4.36)で、前年の'08年もリーグ唯一の4点台(それも4.74)という低迷ぶりである。

 それならばドラフト1位は即戦力投手になるはずだが、視線は高校生野手・筒香嘉智に向かった。これは英断である。目の前の現実ではなく、5年先、6年先を見る長期ビジョンが備わっていたのである。たとえ即戦力投手がほしい現実があっても未来に懸ける、これがドラフトに向かうときの基本精神で、ベイスターズはそれを実行した。この1位筒香は後世に残る指名である。

 筒香がシーズン100安打を記録したのはプロ5年目と普通だが、それ以降が素晴らしい。'16年には打率.322、本塁打44、打点110で本塁打と打点の2冠に輝き、打者を評価する新たな指標OPS(出塁率+長打率)は超一流の10割超え、1.110を記録した。'17年のWBCでは4番を任され、本塁打を3本放っている。

太く短く生きた加賀繁。

 2位加賀繁も印象に残る投手だ。残した成績は279試合に登板して12勝22敗1セーブ72ホールド、防御率4.03。私が成功の基準にするのは50勝(1セーブ、1ホールドは0.5勝)、300試合登板だから少し足りないが、成功選手と言っていい。

 チームが弱かった'15年までのゲーム終盤をしっかり締め、'12年には61試合に登板して防御率2.86を挙げた。タイトルに絡んだことは1度もないが、この'12年は44回投げて被安打34(被安打率6.95)、奪三振45(奪三振率9.20)という見事なものだった。「太く短く」生きたセットアッパー人生である。

【次ページ】 高卒ピッチャーが育たない?

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜DeNAベイスターズ
筒香嘉智

プロ野球の前後のコラム

ページトップ