猛牛のささやきBACK NUMBER

これからオリックスは強くなります。
プロ14年、岸田護が後輩に託す夢。

posted2019/10/06 11:30

 
これからオリックスは強くなります。プロ14年、岸田護が後輩に託す夢。<Number Web> photograph by Kyodo News

引退セレモニーでT-岡田から花束を受け取る岸田護。現役最後の試合となったソフトバンク戦には元同僚らも駆けつけた。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「ありがとう、マモさん」

 そう書かれた白いボードを、スタンドの観客がいっせいに掲げた。

 9月29日に京セラドーム大阪で行われたオリックスの今季最終戦。5-1とリードして迎えた9回表、現役生活14年間をオリックスに捧げた岸田護が、現役最後のマウンドに上がった。

 9回は、かつて守護神を務めた時の主戦場。当時と同じように、口をとがらせ、緊迫感あふれる表情で、福岡ソフトバンクの高田知季に渾身のストレートを3球、投げ込んだ。高田のバットが三度空を切る。通算730個目の三振を奪うと、涙をこらえながらマウンドを下りた。

「ありがとありがと岸田!」というコールが、球場に響き渡った。

岸田を抑えに推薦した鈴木。

 大阪の履正社高校から東北福祉大学、社会人野球のNTT西日本を経て、2005年の大学・社会人ドラフト3巡目でオリックスに入団した。

 1年目から6試合に登板すると、2年目の後半には先発ローテーションに入り、4年目の2009年には10勝4敗と初の二桁勝利を挙げた。

 その2009年シーズン後半、抑え投手が安定感を欠いていたため、当時の大石大二郎監督は、新たな抑えの投入を考えていた。そこで、捕手の鈴木郁洋(現・バッテリーコーチ)に、誰を抑えとして起用すべきか意見を求めた。

 鈴木は「気持ちの面から言っても、まっすぐで抑えられることからも、岸田ですね」と真っ先に岸田を推した。

「先発や中継ぎまでと、抑えでは、考え方も違うし、気持ちも違う。全責任がかかる最後の砦だから。そこを任せられる気持ちの強さを持っているのは、うちでは岸田だと思った」と鈴木は語っていた。

【次ページ】 「どんなにへろへろの球でも、勝つ」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オリックス・バファローズ
岸田護
平野佳寿
朴賛浩
海田智行
山本由伸

プロ野球の前後のコラム

ページトップ