Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<同郷&同級生対談>大橋悠依×桐生祥秀「これからも、刺激し合う存在として」 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/12/04 06:00

<同郷&同級生対談>大橋悠依×桐生祥秀「これからも、刺激し合う存在として」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
同郷で、大学でも同級生の桐生と大橋。 日本人初の9秒台、世界水泳での銀メダルと、今年大きな壁を突破した2人が語り合う。

 今年9月の日本インカレ男子100m決勝で、日本人初の9秒台となる9秒98を記録し優勝した桐生祥秀。同じく今年7月の世界水泳女子200m個人メドレーで、2分7秒91の日本新をマークし銀メダルに輝いた大橋悠依。2人は同じ滋賀県彦根市の出身、そして東洋大学に通う同級生でもある。互いに「刺激し合う存在」という2人に、その出会いから、今年大きな壁を乗り越えた瞬間までを振り返ってもらった。

――お互いに滋賀県の彦根市の出身ということですが、地元はすぐ近くなんですか?

桐生 僕は(彦根市立)南中の出身です。

大橋 私は東中の出身です。

桐生 電車で1駅ぐらいの距離ですね。

――それだけ近いと、お互いに噂が聞こえてきたりするものですか?

桐生 中学のころ水泳部に知り合いがいて、東中に速い女の子がいるとは聞いてました。

大橋 中3の時に、全中で入賞した選手の市の表彰式があって、私はそこで初めて顔を知りました。陸上で一番取った人がいるんだ、って。覚えてないでしょう?(笑)

桐生 全然覚えてない(笑)。表彰式があったことも思い出せない。

――実際に知り合ったのは大学ですか?

桐生 多分……。

大橋 いえ、そのあと高3の時に今度は滋賀県の表彰式でまた一緒になって、その式の時に初めて話をしました。「東洋大に行く」って言うから、「私も東洋やで!」って。

桐生 思い出した。そこが初めてです(笑)。一緒に滋賀から東洋行く子がいるんだと。

大橋 大学に入ってからは学部が違うんですが、同じ授業を受けることもあったので、時々話す機会があって。

桐生 地元であった成人式も一緒で。

大橋 連絡を取り合って、式のあとに写真を撮ったりしました。

――東洋大学では桐生さんは土江寛裕コーチ、大橋さんは平井伯昌監督に指導を受けています。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

大橋悠依
桐生祥秀
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ