Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<同郷&同級生対談>大橋悠依×桐生祥秀「これからも、刺激し合う存在として」 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/12/04 06:00

<同郷&同級生対談>大橋悠依×桐生祥秀「これからも、刺激し合う存在として」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
同郷で、大学でも同級生の桐生と大橋。
日本人初の9秒台、世界水泳での銀メダルと、今年大きな壁を突破した2人が語り合う。

 今年9月の日本インカレ男子100m決勝で、日本人初の9秒台となる9秒98を記録し優勝した桐生祥秀。同じく今年7月の世界水泳女子200m個人メドレーで、2分7秒91の日本新をマークし銀メダルに輝いた大橋悠依。2人は同じ滋賀県彦根市の出身、そして東洋大学に通う同級生でもある。互いに「刺激し合う存在」という2人に、その出会いから、今年大きな壁を乗り越えた瞬間までを振り返ってもらった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3610文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大橋悠依
桐生祥秀
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ