Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<MLS移籍の真相を語る>
スティーブン・ジェラード「ベッカムが僕の背中を押してくれた」 

text by

サイモン・マロック

サイモン・マロックSimon Mullock

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/10/19 06:00

<MLS移籍の真相を語る>スティーブン・ジェラード「ベッカムが僕の背中を押してくれた」<Number Web> photograph by AFLO

MLSでのデビュー戦(7月17日)でゴールを決め、勝利に貢献。

リバプール一筋18年のレジェンドが35歳で新天地に選んだのはロサンゼルスだった。移籍の経緯から米国での生活までを独占告白。

――スティーブン、君の姿をプレミアで見かけなくなってから、半年近くが過ぎた。そもそも昨シーズン限りで、リバプールを去ることを決めた理由は?

「単純に潮時が来たと思ったんだ。過去の栄光にだけすがって、チームに残っているなんて見られたくなかったしね。

 最終的に腹が決まったのは、サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーと対戦した時(2014年11月4日)さ。自分は先発に選ばれなかったんだ。監督のブレンダン・ロジャーズは、プレミアの試合なら、今後もビッグマッチに出場できると言ってくれたけど、そもそも僕たちはCLを目指してハードな練習をするわけだし、ベルナベウのレアル戦なんて、最高にビッグな試合だろう? なのに自分はベンチに座っている。心の中で何かが変わってしまったのは、あの時だったと思う。

 たしかにクラブ側はもう1年、契約を延長したいと言ってきてくれた。コーチングスタッフに加わっていけるような条件を出してくれたら、リバプールに残っていたと思う。だが残念ながら、条件の内容は望んだようなものじゃなかった。もちろんブレンダンやクラブのスタッフとは、今でも親しくつきあっているけどね」


――プレミアや、ヨーロッパの他のクラブに移籍しようとは思わなかった?

「やろうと思えばできたんだ。現に、トッテナムからはオファーを受けていたし、パリ・サンジェルマンやモナコ、ベシクタシュからも誘われていた。レアル・ソシエダにもね。リバプールのライバルであるエバートンやマンチェスター・ユナイテッドで監督をしたデイビッド・モイーズから高く評価してもらえるというのは、悪い気がしなかったよ(笑)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3519文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

BASEBALL CLIMAX 2015

Sports Graphic Number 887

BASEBALL CLIMAX 2015

 

スティーブン・ジェラード
デイビッド・ベッカム
リバプール
ロサンゼルス・ギャラクシー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ