Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<大谷翔平、交流戦に見た右腕の進化>
セの好打者が語る、3年目の脅威。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byphotographs by Nanae Suzuki

posted2015/07/02 06:00

<大谷翔平、交流戦に見た右腕の進化>セの好打者が語る、3年目の脅威。<Number Web> photograph by photographs by Nanae Suzuki
1年目5.14、2年目2.58、3年目1.64。大谷が交流戦で残した防御率の変遷には投手としての成長の歩みが如実に表れている。今年対峙した打者が語る驚異的な進化の正体とは。

 投球内容の善し悪しを問わず前向きな姿勢を貫く大谷翔平が、珍しく負の感情を顕わにした。

 6月14日のDeNA戦。大谷は試合前、今までになく調子の悪さを感じていた。

「ブルペンからよくなかった。フォークが落ちなかったり、スライダーも曲がらなかったり。最近では一番悪かったです」

 だが、状態と結果が必ずしも一致するとは限らない。この試合、大谷は8回途中に右足首の違和感で降板するまで相手打線を4安打1失点に抑え、チームに勝利を呼び込んだ。

「使えるボールが真っ直ぐしかなかったので、相手の裏をかきながら騙しだまし投げました」

 大谷は自身の投球をそう説明した。


 この日の最速は159km。交流戦でしか対戦のないセ・リーグの打者たちが「いかにして大谷の160kmを打ってやろうか」と牙を剥いてくることは大谷自身、分かっていたはずだ。にもかかわらず、ストレートだけで相手を翻弄するあたりに今の大谷の凄みが表れている。

 梶谷隆幸はそれを体感したひとりだ。

「やっぱり打席に立つと速く感じました。いいコースに来たボールは対応するのが難しかったです。簡単に打つことはできないし、カットしようにもうまくいかない」

 そう脱帽するのも仕方がない。DeNAの中軸を担う3割打者ですら、昨年に続き今年も1本の安打も放てず大谷の前に屈したのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2461文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平
梶谷隆幸
大島洋平
福留孝介

プロ野球の前後のコラム

ページトップ