野球善哉BACK NUMBER

対左の成績が急上昇した理由とは?
筒香嘉智が信じ、貫いた“新打撃”。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/07/01 10:40

対左の成績が急上昇した理由とは?筒香嘉智が信じ、貫いた“新打撃”。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

大器と言われ続けてきた筒香嘉智が、ついに球界を代表するスラッガーに成長した。DeNAに悲願の優勝をもたらすことはできるのだろうか。

 その数字は、もはや「苦手ではなくなった」という次元ではなく「得意」のレベルにあるといってもいいかもしれない。

 DeNAの若き主砲・筒香嘉智のことである。

 交流戦で14敗。この週末も2連敗と一時の勢いを失くしたDeNAベイスターズにあっても、調子を崩していない。6月23日の巨人戦では左腕投手の高木京介からバックスクリーンに大きな一発。28日の阪神戦では、一時は同点となる適時打を放っている。チームの4番としての役割をしっかりと果たしている。

左投手に対する成績が昨季から一気に向上した。

 昨季の活躍からT-岡田(オリックス)や中田翔(日本ハム)に続く和製大砲として注目を浴びるようになった筒香だが、ある数字を紐解くと、彼がこれまでに取り組んできたことの成果に気づかされる。その数字とは、対左投手に対しての成績である。

 下記がプロ入りしてからの筒香の対左投手成績だ。

2010年 3試合   対右 率.143 本1  対左――
2011年 40試合  対右 率.257 本7  対左 率.205 本1
2012年 108試合  対右 率.230 本7  対左 率.190 本3
2013年 23試合   対右 率.257 本1  対左 率.125 本0
2014年 114試合  対右 率.298 本12 対左 率.304 本10
2015年 61試合  対右 率.311 本7  対左 率.356 本4

 対左の成績が、昨季から大きな改善を見せているのだ。左投手を苦手にしない左打者自体は珍しくないが、筒香の特筆すべき点は、打率だけでなくホームランの数まで均等に近い数字を出していることだ。

 実はそこにこそ、2014年シーズンに変貌をとげた彼のバッティングを紐解くキーワードがある。

【次ページ】 体重移動の反動ではなく、軸で打つ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

筒香嘉智
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ