SCORE CARDBACK NUMBER

FIFA相手の裁判に発展も!? 未成年選手の夢をつむ制裁。~子供のために親が移住することは是か非か~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/02/15 06:00

FIFA相手の裁判に発展も!? 未成年選手の夢をつむ制裁。~子供のために親が移住することは是か非か~<Number Web> photograph by Getty Images

久保建英は昨年帰国。中学2年ながら今季FC東京U-18に飛び級昇格、公式戦デビュー。

 18歳未満の選手獲得に関する国際規則に違反したとしてFIFAが下したレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーへの制裁は各方面で議論を呼び、裁判にまで発展しようとしている。

 今回FIFAが科したのは、'14年のバルセロナへの制裁と同じく、2度の移籍市場における選手獲得禁止と、対象となる未成年選手の公式戦出場禁止だ。'14年以降、バルサの下部組織からは多くの若手が夢半ばに母国へ帰国していった。現在FC東京の久保建英(たけふさ)もそのひとりだ。彼はFC東京U-18に飛び級し、すでに公式戦デビューするなど順調に成長しているが、すべての少年が次の道を進んでいるわけではない。夢の地から追いかえされ、精神的ショックを引きずる子供もいるという。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

レアル・マドリー
アトレティコ・マドリー
久保建英

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ