ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~BACK NUMBER

「オフサイド廃止案」は奇抜すぎ?
本気でそのサッカーを想像してみた。 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/02/09 11:00

「オフサイド廃止案」は奇抜すぎ?本気でそのサッカーを想像してみた。<Number Web> photograph by AFLO

1985年のトヨタ杯、プラティニは芸術的ボレーをオフサイド判定で取り消されると、芝生に寝転んで抗議した。廃止となれば、こんなシーンも消えるだろう。

ペナルティーエリア内での籠城戦が続出?

 じゃあ、どう守るのか。

 守備側は自陣ゴール前に「半円」を描くように並ぶ――要するにハンドボールのそれだろう。何しろ、守備側はオフサイドに頼ることができないのだから、いま以上にチーム全体が引く(後退する)しかなくなる。

 布陣で言い表すならば、それこそペナルティーエリア内に「4-3-2-1のツリー型システム」で相手の攻撃に備える“籠城戦”に徹するのではないか。

 オフサイドの廃止はファンバステン氏の指摘するハンドボール化をむしろ、加速させることになるかもしれない。バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が「別のスポーツになってしまう」と懸念するのも当然か。アーセナルのアーセン・ベンゲル監督も廃止案に反対の意を表明している。

「快足」アタッカーに運命を託すだけの攻撃に。

 自陣と敵陣、双方のゴール前だけに密集ができて、あとはスペースだらけ――。そんな極端な展開になりかねない。いま以上に自陣にへばりついて守るのだから反撃するのも大変だ。

 ボールを奪ったら、ひとまず前方に大きく蹴りだしてアタック陣の「快足」に運命を託す。ロングパス、いやクリアの連続か。

 もっとも、何回も走らせたら前半のうちにガス欠だろう。逆にスペースが広すぎる、敵陣ゴールまでの距離が長すぎるのだ。そこで端から籠城戦を諦めて、マンマーク(1対1の守備)を用いる手もあるだろうか。

【次ページ】 オールコートのマンマークは、絶対疲れる。

BACK 1 2 3 4 NEXT
マルコ・ファンバステン
カルロ・アンチェロッティ
アーセン・ベンゲル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ