SCORE CARDBACK NUMBER

メジャーから続々と復帰、日米間移籍の「新時代」。
~松坂、中島らに見る意識の変化~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/01/13 10:30

メジャーから続々と復帰、日米間移籍の「新時代」。~松坂、中島らに見る意識の変化~<Number Web> photograph by KYODO

アスレチックスに移籍後、中島は2年間でメジャー昇格はできず、オリックスと契約した。

 昨季まで米国でプレーしていた松坂大輔をはじめ中島裕之らが、今オフ、相次いで日本復帰を決めた。彼らが米球界に渡ったことの成否は、データ上の数字だけでなく、今後、総合的に周囲が判断するものだろう。ただ、メジャーへの移籍後、再び日本へと戻る動向に、今や違和感を覚えることは、少なくなってきた。プロの選手として、プレーする機会を求める動機に、場所を問う必要はない。日米間の交流、移籍に関する意識は、間違いなく「新時代」になってきた。

 1995年、野茂英雄がメジャーへ挑んだ際、「開拓者」の精神を評価する一方で、野次馬的に、目先の結果を求める傾向は強かった。実際、日本球界内では、優秀な人材の海外流出をレベルの低下に直結させる意見が多く、危機感として捉えられていた。その反面、佐々木主浩、イチローらが太平洋を渡り、オールスター級の活躍をしたことで、日本人メジャーに求めるハードルは確実に上がっていった。だが、幾多の選手がメジャーへ移籍する昨今、今や個々の能力や結果だけを、日本人選手の全体像に一致させる時代ではない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 443文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

錦織圭のすべて。

Sports Graphic Number 869

錦織圭のすべて。

 

関連記事

中島裕之
松坂大輔

MLBの前後の記事

ページトップ