南ア・ワールドカップ通信BACK NUMBER

あのオランダ戦の“過信”を武器に!
岡田ジャパン、ただ1つの勝機とは? 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2010/06/18 11:20

あのオランダ戦の“過信”を武器に!岡田ジャパン、ただ1つの勝機とは?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 17日に行われたアルゼンチン対韓国戦は、ちょっとした衝撃だった。

 ギリシャを相手に快勝を収め、意気揚々とアルゼンチンに挑んだ韓国が、まるで何もさせてもらえなかったからである。

 アルゼンチンの攻撃をどうにか食い止めることはできた。だが、奪ったボールを攻撃につなげることはできなかった。次々に襲いかかってくるアルゼンチンの選手を前に、韓国の選手はボールをキープし切れず、また周囲の選手もパスコースを用意してあげられなかった。

 結果、韓国は多くの時間で自陣に閉じ込められることになった。1本のゴールと1本の決定機が、彼らの反抗のほぼすべてだった。

「前半は十分やれた」という試合後コメントの違和感。

 さて、次は日本の出番である。

 日本が第2戦で対戦するオランダとは、昨年9月、敵地エンスヘーデで親善試合を行っている。結果は0対3。完敗だった。

 だが試合後、選手の多くは時折笑みすら浮かべて、手応えを口にしたものだ。

 曰く、「前半は十分やれた」。

 曰く、「トップレベルの相手とやれて、感覚がつかめた」。

 正直に言わせてもらえば、何だか気持ちが悪かった。

 彼らの手応えがどれほどのものかは知らないが、負けたのである。しかも、0対3という大差で。にもかかわらず、あたかも「次は勝てる」とでも言わんばかりの雰囲気に、違和感を覚えずにいられなかった。

 逆の立場になって考えてみればいい。

 例えば、アジア予選でベトナムと対戦したとしよう。小柄ながら器用にボールを扱うベトナムに日本は手こずり、なかなかゴールが奪えない。そのうえ、中盤でパスをつながれ、冷や汗をかくくらいのシーンは作られた。それでも試合終盤、立て続けに得点を奪い、終わってみれば3対0――。こんな試合の後、「どんな相手でも油断はできないな」というくらいはともかく、「次に対戦したら危ない」とまで思うだろうか。

 つまりは、そういうことだ。

前回オランダ戦での“過信”が裏目に出るのでは?

 だからこそ、選手が口にした手応えには、自信というより過信に近いものを感じた。昨年12月の組み合わせ抽選でオランダとの再戦が決まったとき、真っ先に頭に浮かんだのは「あの手応えが裏目に出なければいいが……」だった。

 しかし、それから半年、日本代表が置かれている状況は大きく変わった。

 恐らく日本は、昨年の対戦時のように、前線からのプレスや徹底したショートパスでオランダに挑むことはない。カメルーン戦同様、まずは実質4バック+3ボランチの陣形でオランダの攻撃を受け止めることになる。というより、今の日本にはそうやって戦うよりほか、術がない。

【次ページ】 猛攻を受ける日本に一縷の望みがあるならば……。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ