著者プロフィール 

芝山幹郎Mikio Shibayama

1948年金沢生まれ。東京大学仏文科卒。評論家・翻訳家。著書に『大リーグ二階席』『アメリカ野球主義』『映画は待ってくれる』『映画一日一本』『アメリカ映画風雲録』などがある。訳書はジョージ・F・ウィル『野球術』、スティーヴン・キング『ニードフル・シングス』『不眠症』など多数。「イチローとモウリーニョはいつまでも見飽きない」そうだ。新刊は、ロバート・ホワイティングとのロング対談『新・イチロー伝説』(ベースボール・マガジン新書)。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
前田健太と“脇役たち”の貢献度。ドジャースが思い出した必勝の形。

スポーツ・インサイドアウト

前田健太と“脇役たち”の貢献度。
ドジャースが思い出した必勝の形。

10月9日、ドジャースとアストロズが地区シリーズを早々と突破した。順当といえば順当だが、ドジャースは、対戦相手のダイヤモン… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/10/14

ダルビッシュとヴァーランダー。ワールドシリーズで両雄並び立つか。

スポーツ・インサイドアウト

ダルビッシュとヴァーランダー。
ワールドシリーズで両雄並び立つか。

大リーグのレギュラーシーズンが大詰めに入った。9月25日現在、残り試合は各チームほぼ6つ。地区優勝はア・リーグ東地区とナ・リ… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/09/30

イチローと代打の宝石たち。大リーグで輝いた勝負師の数々。

スポーツ・インサイドアウト

イチローと代打の宝石たち。
大リーグで輝いた勝負師の数々。

イチローの代打安打数が、今シーズン26本まで来た。大リーグの単年記録は、1995年にジョン・ヴァンダーウォル('91~'04)の打ち… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/09/16

MLB最強の小さな巨人アルトゥーベ。160cm台のレジェンドは過去にも。

スポーツ・インサイドアウト

MLB最強の小さな巨人アルトゥーベ。
160cm台のレジェンドは過去にも。

ホゼ・アルトゥーベが、今年も打ちまくっている。 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/09/02

ダルビッシュとドジャースの快進撃。前田健太すら巻き込まれる生存競争。

スポーツ・インサイドアウト

ダルビッシュとドジャースの快進撃。
前田健太すら巻き込まれる生存競争。

ドジャースに移籍したダルビッシュ有が順調な再スタートを切っている。8月4日の対メッツ戦(移籍初戦)が7回(99球)を投げて無… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/08/19

ダルビッシュと新天地ドジャース。どうしても必要だった「最終兵器」。

スポーツ・インサイドアウト

ダルビッシュと新天地ドジャース。
どうしても必要だった「最終兵器」。

サマートレードのデッドラインぎりぎりで、ダルビッシュ有の移籍が決まった。インターネットに第一報の流れたのが、7月31日午後4… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/08/05

サマートレードと意外な名前。マエケンのドジャースの狙いは?

スポーツ・インサイドアウト

サマートレードと意外な名前。
マエケンのドジャースの狙いは?

大リーグのオールスターも終わって、夏のトレードがそろそろ活発化してきた。ご承知のとおり、これは主に、ペナント争いをしてい… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/07/22

MLBの本塁打量産と3人の伏兵。遅咲きのジャーニーマンに要注目。

スポーツ・インサイドアウト

MLBの本塁打量産と3人の伏兵。
遅咲きのジャーニーマンに要注目。

先日も紹介したばかりだが、大リーグの本塁打量産が止まらない。7月2日現在、大リーグ全体の本塁打総数は3105本に達した。8万403… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/07/08

MLBの新星ジャッジとベリンジャー。新人長距離砲はホーナーを超えるか。

スポーツ・インサイドアウト

MLBの新星ジャッジとベリンジャー。
新人長距離砲はホーナーを超えるか。

大リーグの本塁打王争いに新風が吹き込んでいる。新風というよりも嵐だ。この嵐があと100日ほどつづけば、野球史に新たな1ページ… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/06/24

プーホルスとイチローの偉大さ。16年前の新人王はどこまで歩むのか。

スポーツ・インサイドアウト

プーホルスとイチローの偉大さ。
16年前の新人王はどこまで歩むのか。

6月3日、アルバート・プーホルスが通算600号本塁打を記録した。史上9人目の快挙だ。 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/06/10

カブスの苦戦とアストロズの好調。本命2球団の明暗を分けるものは?

スポーツ・インサイドアウト

カブスの苦戦とアストロズの好調。
本命2球団の明暗を分けるものは?

前年の王者カブスが苦しんでいる。絶不調というほどでもないが、シーズンの4分の1を経過したところで22勝20敗(5月21日現在)と… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/05/27

ダルビッシュとカッターの増加。必殺のスライダーを生かす投球術。

スポーツ・インサイドアウト

ダルビッシュとカッターの増加。
必殺のスライダーを生かす投球術。

ダルビッシュ有が順調に復活している。いくら医学が進歩したとはいえ、トミー・ジョン手術を受けたあとはどうしても不安がつきま… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/05/13

ムーキー・ベッツと連続無三振記録。「伝説」を視野に入れられるか?

スポーツ・インサイドアウト

ムーキー・ベッツと連続無三振記録。
「伝説」を視野に入れられるか?

ムーキー・ベッツ(レッドソックス)の連続打席無三振記録が129で途絶えた。4月19日の対ブルージェイズ戦で、左腕フランシスコ・… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/04/29

「大谷世代」と本塁打の量産。大リーグに増える早熟の強打者。

スポーツ・インサイドアウト

「大谷世代」と本塁打の量産。
大リーグに増える早熟の強打者。

太腿の肉離れを起こしたり、インフルエンザに感染したり、大谷翔平が災難に遭っている。あれほどの天才なのだから、身体には十分… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/04/15

本命カブスと嵐を呼ぶ対抗馬。2017年MLBの全順位を予想する。

スポーツ・インサイドアウト

本命カブスと嵐を呼ぶ対抗馬。
2017年MLBの全順位を予想する。

2017年の大リーグがそろそろ幕を開ける。第4回WBCでようやく初優勝を果たし、大リーグ関係者もさぞかし安堵の胸を撫で下ろしたこ… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/04/01

日本とプエルトリコ。WBC、勝負の鍵は野球IQの高さ。

スポーツ・インサイドアウト

日本とプエルトリコ。
WBC、勝負の鍵は野球IQの高さ。

今回のWBCは観客数が多い。テレビの画面を通じてもそう思うだろうが、実際、動員数は前回大会(2013年)に比べてかなり増加した… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/03/17

WBCとオランダ内野陣。中心は、イチローの記録に迫った男。

スポーツ・インサイドアウト

WBCとオランダ内野陣。
中心は、イチローの記録に迫った男。

すぐにも開幕というのに、2017年WBCの人気がいまひとつ盛り上がらない。わかりきったことだが、大リーグのビッグネームが本気を… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/03/04

WBCとエリック・ガニエ。「昔の名前」を楽しみたい。

スポーツ・インサイドアウト

WBCとエリック・ガニエ。
「昔の名前」を楽しみたい。

2017WBCの開幕が、3月6日に迫った。参加16カ国のロースター(28人)は、2月8日に発表されている。ビッグネームの数もなかなか多… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/02/18

フェルナンデスとベンチュラ。若い速球投手の事故死を悼む。

スポーツ・インサイドアウト

フェルナンデスとベンチュラ。
若い速球投手の事故死を悼む。

2017年1月22日、ロイヤルズのヨルダーノ・ベンチュラが、交通事故で死去した。25歳の若さだった。 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/02/04

マニー・ラミレスと高知の春。寂しがり屋のトラブルメイカー。

スポーツ・インサイドアウト

マニー・ラミレスと高知の春。
寂しがり屋のトラブルメイカー。

マニー・ラミレスが高知ファイティングドッグスでプレーすることになった。2013年には台湾の義大ライノズで49試合に出場した経歴… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/01/21

ページトップ