スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

びっくりチームとがっかりチーム。
2020年MLBの穴馬を占おう。

posted2020/02/29 09:00

 
びっくりチームとがっかりチーム。2020年MLBの穴馬を占おう。<Number Web> photograph by Masterpress/Getty Images

野球評論家の中畑清氏と挨拶を交わす秋山。強力打線の一角を担うリードオフマンとしての期待がかかる。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Masterpress/Getty Images

 2020年MLBの春季トレーニングがはじまった。オープン戦もすでに蓋をあけ、新たに大リーグ入りした筒香嘉智や秋山翔吾も、アメリカ野球に順応する構えを見せている。楽しみが増えた。

 とはいえ、開幕にはまだ間がある。

 ナ・リーグではドジャース、ア・リーグではヤンキースを本命に推す声が高いが、戦力分析や順位予想は、もうしばらく様子を見ることにしよう。この時期には、サプライズを起こしそうなチーム(びっくりチーム)と、失望を与えそうなチーム(がっかりチーム)を占ってみたい。

王朝は生まれそうで生まれず。

 まず、この10年間を振り返ると、前年のワールドシリーズ覇者が翌年もプレーオフに進出できたケースは3度しかない。

 前年よりも勝ち星を上積みできた覇者となると、2017年→18年のアストロズだけだ。王者に死角なしという常套句は、まったく当てはまらない。王朝は生まれそうで生まれず、むしろ脆い側面がつぎつぎと暴かれていく。

 というわけで、昨年のワールドシリーズ王者ナショナルズも、がっかりチームの上位候補に躍り出そうな気配がある。なによりも、打線の中軸を担ったアンソニー・レンドンが去ったことが大きい。レンドンは、FAの資格を得てエンジェルスと契約した。

 もうひとつの懸念は、先発4本柱(マックス・シャーザー+スティーヴン・ストラスバーグ+パトリック・コービン+アニバル・サンチェス)が、昨年は順調すぎたことだ。

 4人とも27試合以上の先発登板を果たしているのだが、全員30代とあって、今季は故障の心配がちらつく。足並みをそろえて健康を維持するのはむずかしいのではないか。

【次ページ】 インディアンスの地盤沈下も眼につく。

1 2 3 NEXT
ワシントン・ナショナルズ
クリーブランド・インディアンス
シカゴ・ホワイトソックス
秋山翔吾
シンシナティ・レッズ
ヒューストン・アストロズ

MLBの前後のコラム

ページトップ