スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

感染の拡大と短縮シーズン。
もし6月に野球が見られたら。

posted2020/03/30 19:00

 
感染の拡大と短縮シーズン。もし6月に野球が見られたら。<Number Web> photograph by Getty Images

ブルワーズの春季トレーニングゲーム中止を受けて、チケットの払い戻しに訪れたファンたち。“追い込み型”のチームにとって開幕延期は厳しい?

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 下手をすると、今年は大リーグの野球をまったく見られなくなるかもしれない。

 極度にネガティヴな考えが頭をもたげるほど、新型コロナウイルスの感染がアメリカで広がっている。

 治療薬やワクチンができるのは、だいぶ先のことだろう。さりとて、世界が集団免疫を獲得するには時間がかかりすぎるし、そこに至るまでの犠牲があまりにも大きい。

 それでも、意識のどこかに、もしかすると一条の光が射して、遅ればせながら野球のシーズンが訪れるのではないか、という思いがある。

近代野球史上最短のシーズンだった1981年を下回る。

 ただ、早くともそれは6月以降だろうから、序盤の2カ月がまるまる飛ぶ計算になる。ざっと見積もっても、残りは100試合だ。これは近代野球史上最短のシーズンだった1981年を下回る。

 81年は、ストのあおりをもろに食らったシーズンだった。4月8日から6月11日までが前期、8月10日から10月4日までが後期とされ、各チームの平均試合数は年間トータルで106試合という少なさだった。

 ポストシーズンも変則的で、前期後期の東西地区王者が地区シリーズを、さらにはその勝者がリーグ優勝決定戦を戦い、勝ったほうがワールドシリーズに進出した。

 なんともはっきりしないシーズンで、ナ・リーグを例にとると、前後期を通じて大リーグ全体で年間最高勝率をあげたレッズ(ナ・リーグ西地区で6割1分1厘)が、なんとポストシーズン進出を逃している。

【次ページ】 ポストシーズン進出は、競馬でいう追い込み型が多い。

1 2 3 NEXT
ミルウォーキー・ブルワーズ
シンシナティ・レッズ
ロサンゼルス・ドジャース
オークランド・アスレチックス
ワシントン・ナショナルズ
セントルイス・カージナルス

MLBの前後のコラム

ページトップ