スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

アリゾナと無観客試合。
MLB、エキシビションでも心を癒す。

posted2020/04/11 08:00

 
アリゾナと無観客試合。MLB、エキシビションでも心を癒す。<Number Web> photograph by Getty Images

2019年から人工芝が導入されたチェース・フィールド。昨年冬には大学アメフトのプレーオフも行われた。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今季の大リーグ開催は、もはやあきらめるほかないのか。

 悲観論が日に日に増していくなか、大リーグ機構がささやかな試案を打ち出した。

 超楽観的とも、苦肉の策ともいえそうなアイディアだが、ほんのわずかな可能性であれ、それを探し求める姿勢を退けることはないと思う。

 あらましを紹介してみよう。

 アイディアの骨子は、「情勢がそれなりに落ち着き、専門家が安全宣言を出した段階で」、「場所をアリゾナ州フェニックス周辺に限定し」、「無観客試合を1日に何試合か行い」、「テレビやインターネットを通じて全米に放送する」というものだ。

複数の球団を受け入れている町が大半を占める。

 ご承知のとおり、アリゾナ州では、15球団が春季トレーニングを行う。

 フェニックスでは、ドジャースとブルワーズとホワイトソックス。

 メサでは、カブスとアスレティックス。

 サプライズでは、ロイヤルズとレンジャーズ。

 ピオリアでは、パドレスとマリナーズ。

 グッドイヤーでは、レッズとインディアンス。

 ソルトリヴァー・ピマ・マリコパ・インディアン・コミュニティでは、ダイヤモンドバックスとロッキーズ。

――といった具合に、複数の球団を受け入れている町が大半を占める(エンジェルスはテンピ、ジャイアンツはスコッツデール)。

【次ページ】 検疫可能なホテルを借り切って選手を隔離宿泊。

1 2 3 NEXT
アリゾナ・ダイヤモンドバックス

MLBの前後のコラム

ページトップ