著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

大石始Hajime Oishi

世界各地の音楽・地域文化を追いかけるライター。主な著書・編著書に『奥東京人に会いに行く』(晶文社)、『ニッポンのマツリズム』(アルテスパプリッシング)、『ニッポン大音頭時代』(河出書房新社)、『大韓ロック探訪記』(DU BOOKS)ほか。2020年12月に最新刊『盆踊りの戦後史「ふるさと」の喪失と創造』(筑摩書房)が刊行予定。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
朝ドラ『エール』古関裕而が「オリンピック・マーチ」に取り入れた「日本的」な“超有名曲”とは

オリンピックPRESS

朝ドラ『エール』古関裕而が「オリンピック・マーチ」に取り入れた「日本的」な“超有名曲”とは

1930年代から戦後にかけて無数の流行歌や軍歌を残した作曲家、古関裕而の生涯を描いたNHKの連続テレビ小説「エール」がこの11月… 続きを読む

大石始Hajime Oishi

その他スポーツ

2020/11/23

ヤクルトの「東京音頭」はロッテの応援歌だった? フライパンから“ビニール傘”へ、歌が結んだ人と時代

プロ野球PRESS

ヤクルトの「東京音頭」はロッテの応援歌だった? フライパンから“ビニール傘”へ、歌が結んだ人と時代

東京ヤクルトスワローズのチーム応援歌といえば、多くの方が「東京音頭」を思い出すはずだ。「踊り踊るならチョイト東京音頭」と… 続きを読む

大石始Hajime Oishi

プロ野球

2020/11/03

ページトップ