格闘技PRESS 

G1クライマックス、26年目の変貌。優勝者ケニー・オメガのジェラシー。

格闘技PRESS

G1クライマックス、26年目の変貌。
優勝者ケニー・オメガのジェラシー。

「予想外れたなあ。昨日はテレビ見てたよ」8月14日、試合前。いつもの夏のように両国国技館の記者室に姿を見せたG1クライマック… 続きを読む

原悦生Essei Hara

2016/08/17

オカダ・カズチカ、G1で連敗中――。乱れ始めた精密ルーティーンの謎。

格闘技PRESS

オカダ・カズチカ、G1で連敗中――。
乱れ始めた精密ルーティーンの謎。

オカダ・カズチカには、その身体能力に任せてこともなげに試合を進める、というイメージがある。チャンピオンの戦い方だと言って… 続きを読む

原悦生Essei Hara

2016/08/10

G1クライマックスも「トランキーロ」。“あっせんなよ”内藤哲也の代理業。

格闘技PRESS

G1クライマックスも「トランキーロ」。
“あっせんなよ”内藤哲也の代理業。

内藤哲也。この男、なんだかわからない。長めのスペイン語の名前の軍団を率いている。 続きを読む

原悦生Essei Hara

2016/08/02

26年目のG1クライマックス。棚橋弘至、ぶっ壊れた「エース」。

格闘技PRESS

26年目のG1クライマックス。
棚橋弘至、ぶっ壊れた「エース」。

勝てないエースがいる。思うように勝てないエースがいる。棚橋弘至。昨年のG1クライマックス優勝者だ。 続きを読む

原悦生Essei Hara

2016/07/27

山中慎介、V9モレノ戦は最大の試練。互いのペースを奪い合う神経戦必至。

格闘技PRESS

山中慎介、V9モレノ戦は最大の試練。
互いのペースを奪い合う神経戦必至。

パナマの英雄アンセルモ・モレノは、何となく山中慎介に似ていた。試合までちょうど1週間に迫った9月15日、帝拳ジムで行なわれた… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/09/21

メイウェザー、49戦目の“最終戦”。勝敗よりも勝ち方、そして「その後」。

格闘技PRESS

メイウェザー、49戦目の“最終戦”。
勝敗よりも勝ち方、そして「その後」。

「もう戦うべき相手がいなくなった」1955年9月のことである。イタリア系米国人の世界ヘビー級王者ロッキー・マルシアノがライト… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/09/03

とことん熱かったG1クライマックス。新時代の新日本プロレスを徹底検証!

格闘技PRESS

とことん熱かったG1クライマックス。
新時代の新日本プロレスを徹底検証!

私はふだん「Number Web」では「月刊スポーツ新聞時評」を書かせてもらっているのですが、そもそも新聞や雑誌の読み比べがクセに… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2015/08/18

村田諒太がメイウェザーに会った日。2014年の5月1日、2015年の5月1日。

格闘技PRESS

村田諒太がメイウェザーに会った日。
2014年の5月1日、2015年の5月1日。

ちょうど1年前の2014年5月1日――。ボクシングミドル級のロンドン五輪金メダリスト、村田諒太はプロ4戦目に向けた合宿で“聖地”… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/05/12

圧倒的な、あまりに圧倒的なV8。山中慎介の「神の左」を支える名脇役。

格闘技PRESS

圧倒的な、あまりに圧倒的なV8。
山中慎介の「神の左」を支える名脇役。

いつもとは違う“山中劇場”だった。「神の左」でブッ倒すラストシーンは同じでも、異なるストーリーが待ち受けていた。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/04/17

あるプロレスラーの死地彷徨――。ヨシタツに降りかかった不運と幸運。

格闘技PRESS

あるプロレスラーの死地彷徨――。
ヨシタツに降りかかった不運と幸運。

ヨシタツというプロレスラーをご存知だろうか。本名は山本尚史(なおふみ)。2002年3月に新日本プロレスに入門し、同年10月にデ… 続きを読む

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

2015/02/08

映画『プロレスキャノンボール』で、レスラーたちが実現した奇跡とは?

格闘技PRESS

映画『プロレスキャノンボール』で、
レスラーたちが実現した奇跡とは?

プロレス団体DDTがドキュメンタリー映画を作った。タイトルは『劇場版プロレスキャノンボール2014』。プロレスラーたちがチーム… 続きを読む

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

2015/02/08

文化系プロレス、ひとつの到達点に。DDTが両国で見せた笑いと闘い。

格闘技PRESS

文化系プロレス、ひとつの到達点に。
DDTが両国で見せた笑いと闘い。

1997年に旗揚げしたDDTプロレスリングのキャッチフレーズは“文化系プロレス”である。選手兼社長である高木三四郎の持論は「プ… 続きを読む

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

2014/08/22

ノアが迎えた5年目の“あの日”――。天国へ捧げたエメラルドフロウジョン。

格闘技PRESS

ノアが迎えた5年目の“あの日”――。
天国へ捧げたエメラルドフロウジョン。

6月13日のプロレスリング・ノア後楽園大会は、『三沢光晴メモリアルナイト』として開催された。5年前、2009年のこの日に三沢はリ… 続きを読む

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

2014/06/20

白鵬が怖いのは「自分にないもの」。新横綱・鶴竜の“日本語と人品”。

格闘技PRESS

白鵬が怖いのは「自分にないもの」。
新横綱・鶴竜の“日本語と人品”。

お相撲さんは、日本列島の記憶だ。忘れがたき郷土、校庭の砂場ではしゃいだ友の笑顔、夕焼けの帰り道、そんなあれこれが大男の憎… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

2014/05/08

Dynamite!!、決戦の構図を読む。この大会で日本格闘技界は激変する。

格闘技PRESS

Dynamite!!、決戦の構図を読む。
この大会で日本格闘技界は激変する。

出場メンバーもマッチメークもようやくDynamite!!らしくなってきた。『Dynamite!!~勇気のチカラ2009~』(12月31日、さいたまス… 続きを読む

布施鋼治Koji Fuse

2009/12/28

内藤vs.亀田戦はココを見ろ!序盤がカギを握る“静かなる決闘”。

格闘技PRESS

内藤vs.亀田戦はココを見ろ!
序盤がカギを握る“静かなる決闘”。

内藤大助と亀田興毅の“因縁マッチ”が間近に迫ってきた。 ボクシング関係者や担当記者の勝敗予想をいくつか集めてみると、「内… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2009/11/27

ページトップ