マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフトウラ話…ロッテ&阪神“2位指名”が持つ意味は?「プロ側の『信頼』と『興味』が社会人から独立Lに」…ドラフト全指名を検証する《ロッテ・阪神・オリ編》

posted2023/11/09 11:03

 
ドラフトウラ話…ロッテ&阪神“2位指名”が持つ意味は?「プロ側の『信頼』と『興味』が社会人から独立Lに」…ドラフト全指名を検証する《ロッテ・阪神・オリ編》<Number Web> photograph by KYODO

阪神2位指名の椎葉剛投手(IL徳島・183cm92kg・右投右打)

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

KYODO

“12球団”の代表者になったつもりで実際にドラフト候補選手たちを全指名して、ひとりで「ドラフト会議」を完走する「ひとりドラフト」。今年も10月26日のドラフト会議前に「ひとりドラフト」で全指名選手を予想した筆者。

 ドラフトの結果を受けて、セ・パ全球団の支配下指名された選手たちを検証します。ウェーバー順、第4回はロッテ・阪神・オリックス編です。【全4回の4回目/#1#2#3へ】

(※選手たちの年齢はすべて今年度(~24年3月)の満年齢に統一。また、育成ドラフト指名の選手を取り上げる場合は、その選手のみリスト入りしています)

抽選「3回外し」のロッテ。最後はクリーンアップの適役へ

【ロッテ ドラフト指名選手】

✕ 度会隆輝 21歳 外野手 ENEOS 183cm83kg 右投左打
✕ 草加勝 22歳 投手 亜細亜大 182cm75kg 右投右打
✕ 細野晴希 22歳 投手 東洋大 180cm86kg 左投左打
1位 上田希由翔 22歳 内野手 明治大 183cm96kg 右投左打
2位 大谷輝龍 24歳 投手 日本海L・富山 180cm81kg 右投右打
3位 木村優人 18歳 投手 霞ヶ浦高 185cm77kg  右投左打
4位 早坂響 18歳 投手 幕張総合高 176cm70kg  右投右打
5位 寺地隆成 18歳 捕手 明徳義塾高 177cm82kg  右投左打

【ロッテ 総評】

 まず、最初に3~5位指名の高校生3人について触れたい。

 3位指名の霞ヶ浦高・木村優人(投手)は、繰り上げ1位で名前が挙がっても、ぜんぜん驚かない逸材だ。素直なオーバーハンドからアベレージ145キロの速球にカットボール、フォーク。強く投げようとし過ぎない投球スタイルがいい。打者は球速以上の体感速度を感じるし、出力過剰で故障という心配も少ない。

 そして、本人には申しわけないが、今夏の「負け方」が好ましい。

 県決勝、無失点で抑えていた9回によもやの逆転敗退。手の中にあった「甲子園」が、数十分の間にスルリとこぼれ落ちてしまった。そういう事実は、人間の奥底にある「マグマ」を一層熱くさせるものと信じる。この投手は、チーム内のサバイバルにも、対峙した相手にも、おそらく負けない。

 4位指名の幕張総合高・早坂響(投手)は、今春150キロをマークした地元の星。捕手からの転向1年足らずというのは、後で聞いて驚いた。しなやかな腕の振りに、「元・捕手」の名残りがかけらもなく、それ自体が豊かな将来性だ。

 投手初心者だから、「投げる」以外の投手の仕事……クイック、けん制、フィールディングはこの先、猛勉強。時折高く、大きくボールが抜ける幼さもプロでは禁物だ。

 昨年も今年も、支配下ドラフトでの捕手指名はわずか5名。

 そのへんから、この国の「野球」が滅びなければいいが……と心配しているのだが、 明徳義塾高・寺地隆成(捕手)は、もっと早くに指名がかかると踏んでいた。

 厳しい馬淵史郎監督のもとで1年秋から4番打者をつとめ、その間に、三塁手から捕手という難しいコンバートをこなし、今夏のU-18では、レギュラーマスク兼リードオフマンの大役を全うした。

 めまぐるしいほどの変化の中で、メキメキと自らをスキルアップさせた強靭な心身。今度は、千葉ロッテで未来のチームリーダーだ。

【次ページ】 “日本一”阪神は盤石の投手陣に+αのまさに「補強」

1 2 3 4 5 NEXT
千葉ロッテマリーンズ
度会隆輝
草加勝
細野晴希
上田希由翔
大谷輝龍
木村優人
早坂響
寺地隆成
ENEOS
亜細亜大学
東洋大学
明治大学
富山グラウジーズ
霞ヶ浦高校
幕張総合高校
明徳義塾高校
阪神タイガース
下村海翔
椎葉剛
山田脩也
百崎蒼生
石黒佑弥
津田淳哉
松原快
青山学院大学
徳島インディゴソックス
仙台育英高校
東海大熊本星翔高校
JR西日本
大阪経済大学
オリックス・バファローズ
横山聖哉
河内康介
東松快征
堀柊那
高島泰都
古田島成龍
権田琉成
上田西高校
聖カタリナ学園高校
享栄高校
報徳学園高校
王子
日本通運
TDK

プロ野球の前後の記事

ページトップ