SCORE CARDBACK NUMBER

東京五輪代表落選をバネに次のステージに進む選手たち。

posted2021/10/04 07:00

 
東京五輪代表落選をバネに次のステージに進む選手たち。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

無所属の林(右)は日本初の7人制プロラグビー選手。桑井は勤務先の八木橋百貨店も退職しレフリー活動に挑戦

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 力が湧いてくる「引退報告」だった。

 8月31日夜、桑井亜乃はSNSで自身の現役引退を、そして「レフリーとして3年後のパリ五輪を目指します」という決意を報告した。

 陸上競技から大学卒業後にラグビーに転向した桑井は171cmの長身と体幹の強さを武器に'16年リオ五輪代表入り。日本女子の五輪初トライも決めた。リオ後は真っ先に「東京を目指す」と明言。しかし故障に見舞われ続け、最終候補には落選した。

「五輪が始まるまでは、もしも呼ばれたときに備える気持ちで準備していました。でも五輪が終わって、本気で目指せる次の目標がほしかった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 634文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

桑井亜乃
林大成
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

ラグビーの前後の記事

ページトップ