SCORE CARDBACK NUMBER

男子1勝、女子全敗……。セブンズ改革は待ったなし。

posted2021/08/25 07:00

 
男子1勝、女子全敗……。セブンズ改革は待ったなし。<Number Web> photograph by Kenji Demura/Photosport

男女通じて唯一の勝利となった男子の韓国戦。キャプテンの松井千士(写真)らが5トライを挙げスコアは31対19

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Kenji Demura/Photosport

 男子は1勝、女子は全敗。様々な競技で盛り上がった東京五輪でラグビーは歓喜の外にいた。速さ、強さ、デカさ……どれをとっても世界との距離は絶望的に見えた。

 では日本がセブンズで世界に挑むのは無理なのか? 取材が制限された東京五輪の前後、国内大会を訪ね歩いた記者はそう思わない。太陽生命ウィメンズシリーズと下部大会のリージョナルセブンズ、大学女子セブンズ。男子と女子の高校生全国大会……そこには鋭いステップでスペースを切り裂くアタッカー、大外を走り切るトライゲッター、連続で体を張るタックラー……眩しく頼もしい才能が溢れていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 657文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

東京五輪激闘録。

Sports Graphic Number 1033・1034

東京五輪激闘録。

 

関連記事

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

ラグビーの前後の記事

ページトップ