スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

久保建英の現状は「かわいそう」。
後輩を慮りつつ充実の香川真司。

posted2020/01/29 11:30

 
久保建英の現状は「かわいそう」。後輩を慮りつつ充実の香川真司。<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima/AFLO

日本代表の10番を背負い続けた香川真司と、これからの日本を背負って立つ久保建英。スペインでの初対決は前者に軍配が上がった。

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph by

Daisuke Nakashima/AFLO

 もう少し、いい条件で見たかった。

 30歳の香川真司と18歳の久保建英。日本を代表する新旧アタッカーの初競演である。

 サラゴサが3-1で制したこの試合。残念だったのは、2部のサラゴサが1部のマジョルカを破ることが予想通りと言えてしまうほど、サラゴサ有利の条件が揃い過ぎていたことだ。

 まず火曜19時キックオフという日程。日曜12時にリーグ戦が組まれていたマジョルカに中1日で試合をさせるなんて、嫌がらせとしか思えない。

 2日前の1月19日。降格圏の18位に沈んでいたマジョルカは、冷たい雨と強風が降りしきる悪天候の下、強豪バレンシアを相手に今季最高と言うべきパフォーマンスを発揮。久保が初ゴールを挙げた昨年11月10日のビジャレアル戦以来となる白星を手にしていた。2カ月以上を経て、7戦ぶりの勝利である。もう少し堪能する時間をあげてもよいではないか。

主力温存の被害をもろに被った久保。

 その翌日。ビセンテ・モレノ監督が発表した招集リストには、正GKのマノーロ・レイナも最終ラインの要ライジョも、中盤を支えるババも司令塔サルバ・セビージャも、チーム得点王のブディミルもいなかった。

 先発メンバーは潔くもバレンシア戦から総入れ替え。そのうちリーグ戦でコンスタントにプレーしているのは久保と右SBのサストレくらいで、他は1月中の放出もあり得るか、ベンチ入りもままならない選手が大半を占めた。

 これではバレンシア戦の勝利で得た勢いもクソもない。

 サラゴサが60%以上のボール支配率を記録したこの日、マジョルカは自陣低めにコンパクトなブロック守備を敷くことで、前半は押し込まれながらもスコアレスを保つことができた。

 問題は守備位置が低すぎたため、ボールを奪ってもそこから攻撃に繋げることができなかったことだ。

 そしてその被害をもろに被ったのが、前線でアブダン・プラッツと2トップ気味に並んだ久保である。

【次ページ】 「彼と試合後話しましたけど」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香川真司
久保建英
レアル・ソシエダ
マジョルカ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ