Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<大西勝敬コーチが明かす>
町田樹が燃え尽きた夜。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/04/02 08:00

<大西勝敬コーチが明かす>町田樹が燃え尽きた夜。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi
 衝撃の“現役引退宣言”だった――。
 エース羽生結弦を脅かす存在として、期待が高まる中でなぜ幕引きを決めたのか。
 ともに戦った師が明かす“引退秘話”。

「この全日本をもって現役を引退することを本日決断しました」

 世界選手権代表選出の挨拶だったはずの時間は、誰の心にもショックを与え、その不在によって空いた穴は埋まっていない。

 ただしこの人の受け止め方は違っていた。

「知ったときは、嫁はんと大笑いしました。あの子らしいな、と」

 楽しい思い出であるかのように快活に笑ったのは、この2シーズン、町田樹の指導にあたってきた大西勝敬である。そして笑い声のあと、「実は」と切り出した。


 長野で行われていた全日本選手権。フリーを経て総合4位にとどまった2014年12月27日から日付が変わり、午前2時過ぎのことだ。大西の部屋を町田が訪ねてきた。

「先生、明日、引退を発表します」

 ひとしきり言葉を交わしたあと、大西は問いかけた。

「(上海の)世界選手権代表になったらどうする」

 町田は答えた。

「もし選ばれたら、一緒に行きましょう」

 夜が明けて、長野の会場をあとに帰阪した大西は、テレビ中継で町田が代表に選ばれたのを知った。その直後、知人の記者から「代表辞退」を伝えるメールが届いた。

「きっと、1日考えて決めたんでしょうね」

 そして妻と笑ったのだと言う。


 それは会場を包み込んだ衝撃と対照的だった。「残念」「もったいない」「何故このタイミングで」。そんな言葉が充満していた。この2年の急成長、今日の日本いや世界での位置を考えれば当然だ。コーチとしてはなおさらそう感じるのではないか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2250文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

羽生結弦 不屈の魂。~Figure Skating 2014-2015~
町田樹

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ