One story of the fieldBACK NUMBER

ノーコンは“不治の病”なのか。
ある雪国のエースが出した答え。

posted2018/05/11 11:30

 
ノーコンは“不治の病”なのか。ある雪国のエースが出した答え。<Number Web> photograph by Kyodo News

開幕から4試合で0勝1敗、防御率5.40の不振で4月21日に二軍落ちした藤浪は5月8日の二軍戦で、7回を5安打2四球の無失点と好投した。

text by

鈴木忠平(Number編集部)

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 子どもの頃、原っぱや公園でやっていた草野球で、私は“ノーコン投手”だった。いつもマウンド(平らな場所にプレート代わりの木棒を置いただけだが……)に立ちたがるわりには、投げ方の道理を知らないのだから、ボールは思うところにいかなくて当たり前だった。

 もっともそれは他のみんなも同じで、だから私だけでなく、全員がお互いに親しみを込めて「ノーコン投手」と呼びあっていた。それはあくまで野球を遊びとしてプレーする者たちの愛称のようなものだった。

 大人になり、プロ球団の番記者をやるようになったばかりの頃、1人の新人投手が入ってきた。彼はドラフトの上位で指名されたために、すごく注目されており、最初はいつもメディアに囲まれていた。私もその中にいた1人だったので、彼が困惑している様子も間近で見ていた。

「僕、評価されすぎなんですよ……」

 雪国の田舎町で生まれ育った投手にとってみれば、たった1日で世界の景色が変わってしまったように思えただろう。

 まだ彼にとって最初のシーズンが始まる前のある日、キャンプ地の宿舎ホテルで大浴場に入っていると、偶然、彼も入ってきた。

 一緒に湯船に浸かった。たしか、何気ない話をしていたと思うのだが、あまり記憶にない。ただ、途中でふと彼がこう漏らしたことだけはよく覚えている。

「僕、評価されすぎなんですよ……。みなさんが思っているような力、ないと思うんです。なんか、怖いんですよね……」

 私はなんて返したらいいのかわからず、「うーん……」と言いながら、やたらと熱い湯船にあごまで沈んだ。

 それから間もなく、彼はピッチング練習でストライクが入らなくなった。それどころか、とんでもないところにボールが行くようになった。監督は怒り、コーチは呆れ、メディアはそれを報じ、やがて一軍からいなくなった。

【次ページ】 「『心の問題だ』とよく言われました」

1 2 3 NEXT
藤浪晋太郎
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ