SCORE CARDBACK NUMBER

名古屋場所に進退を掛けた旭天鵬と若の里の絆とは。
~対戦を夢見た「最後の同期生」~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/08/03 10:40

名古屋場所に進退を掛けた旭天鵬と若の里の絆とは。~対戦を夢見た「最後の同期生」~<Number Web> photograph by KYODO

40歳10カ月で名古屋場所に出場した旭天鵬は昭和以降3位の「高齢幕内力士」ともなった。

 梅雨が明け、熱い日差しが照りつける7月の名古屋場所。初日を翌日に控えた旭天鵬は、しみじみと語っていたものだった。

「ここんとこ毎場所、いつ辞めてもいい覚悟で上がっているからね。もう、1日1日を楽しんで、目に焼き付けるように土俵に上がる気持ち。5月場所でも、3連敗した10日目、嫁さんに、『今場所で終わるかもしれないから。覚悟しといて』と言ったんだけど、どうにか勝ち越せた。これからもその繰り返しかなぁ。もちろん、引退は考えると本当に寂しいけど、誰にでもいつかは来ることだしね。しょうがないよね……」

 そう言い終えると、痛む腰の治療のため、いつのまにかその姿を消していた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

旭天鵬
若の里

相撲の前後のコラム

ページトップ