SCORE CARDBACK NUMBER

最高のコーチに学んだ“マルケス弟”の戴冠。
~モト史上初の兄弟チャンピオン~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2014/12/09 10:00

最高のコーチに学んだ“マルケス弟”の戴冠。~モト史上初の兄弟チャンピオン~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

兄弟王者を祝うマルケス兄弟。168cmと小柄な兄に比べ弟は180cmとかなり背が高い。

 今季最終戦バレンシアGPで、アレックス・マルケスがモト3クラスのタイトルを獲得した。言うまでもなく、モトGPクラスを2年連続で制したマルク・マルケスの弟だ。

 今季、21歳のマルクは史上1位タイの開幕10連勝を達成。さらにシーズン最多13回のPPと勝利で、グランプリの歴史を塗りかえた。その活躍に大きな刺激を受け目標にしてきた18歳の弟は、兄と同じく参戦3年目にして王座に就いた。兄弟チャンピオンは史上初となる。

 2人の世界チャンピオンの父になったジュリアさんは、重機のオペレーターをしながら息子たちをバイクに乗せてきた。苦労話ではなく、バイクレースの盛んなスペインでは普通のことだ。兄のマルクは11歳のときに才能を見いだされ、元125cc王者のE・アルサモラのチームに加入。そこからとんとん拍子に世界の頂点へと駆け上がった。そして、弟のアレックスも兄と同じ道をたどってきた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

アレックス・マルケス
マルク・マルケス

MotoGPの前後のコラム

ページトップ