ブラジルW杯通信BACK NUMBER

ウルグアイに続きイタリアを撃破!
コスタリカ“死の組”一抜けの理由。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/21 13:15

ウルグアイに続きイタリアを撃破!コスタリカ“死の組”一抜けの理由。<Number Web> photograph by Getty Images

イタリアを破る1点を挙げたブライアン・ルイス。死の組と呼ばれたグループD、最も格下と見られていたコスタリカが連勝を果たす番狂わせとなった。

「今頃は、国中がお祭り騒ぎだろうな」

 イタリア相手に殊勲の決勝点を挙げた主将ルイスは、試合後、半分泣き顔で語った。

「本当に苦しい試合だった。何年も支えてくれた妻と家族、そして国民にゴールと勝利を捧げたい。グループ突破を強く信じてたんだ。世界中の誰もわれわれの突破を信じていなかったとは思うが、我々は現実に通過を決めた。コスタリカは小さな国だ。しかし、ウルグアイもイタリアも破って、突破することができた。われわれは大仕事をやってのけたんだ」

 そして、欧州の人間に比べれば、ずっと近い母国のことを思い、付け加えた。

「今頃は、国中がお祭り騒ぎだろうな」

 アウトサイダーどころか、コスタリカこそ“死の組”の大本命だったのだ。

 一方で、イタリアの表情は暗転している。

 ウルグアイとの最終戦で引き分け以上なら通過できるとはいえ、避けられたはずの黒星と不十分の内容にショックは大きい。

 FWスアレスの完全復活で息を吹き返したウルグアイは、イタリアとの最終戦に全力で勝ちに来るだろう。

 死の組を抜けるのはウルグアイか、イタリアか。

 24日、決戦の地はナタールだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
チェーザレ・プランデッリ
チアゴ・モッタ
アンドレア・ピルロ
マリオ・バロテッリ
ブライアン・ルイス
ジュニオール・ディアス
ホルヘ・ルイス・ピント
アントニオ・カッサーノ
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ