ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

凝縮されたドラマで辿る
8000m峰14座の初登頂史。
~『ヒマラヤ登攀史 第二版』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/04/23 10:00

凝縮されたドラマで辿る8000m峰14座の初登頂史。~『ヒマラヤ登攀史 第二版』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『ヒマラヤ登攀史 第二版』深田久弥著 岩波新書 800円+税

 世界の8000m以上の山は14座、そのすべてがヒマラヤ、カラコルム山脈にそびえている。1950年、人類初の8000m峰の登頂がフランス隊によってアンナプルナで達成された。それから14年、1964年に中国隊がシシャパンマ(本書ではネパール名ゴザインタン)の頂上に立ち、8000m峰はすべて登頂された。本書は、その14座の初登頂史だ。

 著者に説明は不要だろう。日本の山の本で不朽の地位にある『日本百名山』の山の作家。本書は『百名山』のヒマラヤ版ともいえる。それぞれの山の観測史、探検史、登攀史を背景に初登頂の冒険行を語る。一つの山に割かれるのは15ページから30ページほどだが、中身は濃い。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

他競技の前後のコラム

ページトップ