Number Do SpecialBACK NUMBER

<大座談会> 「走る」は「食べる」でできている。 ~弘山晴美さん×金哲彦さん×村野あずささん×土井善晴さん~ 

text by

NumberDo編集部

NumberDo編集部Number Do

PROFILE

photograph byMami Yamada

posted2014/04/29 10:30

<大座談会> 「走る」は「食べる」でできている。 ~弘山晴美さん×金哲彦さん×村野あずささん×土井善晴さん~<Number Web> photograph by Mami Yamada
カーボローディングのあれこれ、日々の食事と栄養、
糖分補給、貧血、アルコール、我慢できないお菓子の誘惑……。
「走る」と「食べる」にまつわるエトセトラを縦横無尽に語り尽くす座談会!

好評発売中の雑誌Number Do『RUN&EAT あなたの「走る」が「食べる」で
変わる』
より、走りと食事のスペシャリストの大座談会を公開します。

 最初はカーボローディングの話題から入りましょうか。弘山さんは昨日、東京マラソンを走ったんですよね? カーボローディングはやりましたか?

弘山 レース前日のおとといの晩はパスタを2人前食べました。でも、私は現役のときも、1週間前から炭水化物を抜くようなカーボローディングはやったことがないんですよ。マラソンは冬に走ることも多いから、あまりエネルギーをとらずに風邪をひいたりするほうが怖いということもありましたし。レースの3日前ぐらいからご飯お餅、パスタを多めにとるようにするくらいです。それで、私はレース当日の朝に、切り餅を7~8個食べるんです。

 えー、そんなに食べれるんですか!?(笑)

弘山 絶対、エネルギー切れしないです(笑)。ご飯だとその量を食べるのはしんどいんですけど、お餅だといけますね。ずっとお雑煮にしてましたが、大根おろしと一緒に食べると消化にいいと聞いて昨日、試してみたら、胃がもたれなくてとても食べやすかったです。

村野 元からそれぐらい食べるんですか?

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5147文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

RUN&EATあなたの「走る」が「食べる」で変わる。
弘山晴美
金哲彦
村野あずさ
土井善晴

他競技の前後の記事

ページトップ