ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

柔の道を照らす真っ直ぐな光。
~溝口紀子・著『性と柔』を読む~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byRyo Suzuki

posted2014/01/12 08:10

柔の道を照らす真っ直ぐな光。~溝口紀子・著『性と柔』を読む~<Number Web> photograph by Ryo Suzuki

『性と柔 女子柔道史から問う』溝口紀子著 河出ブックス 1400円+税

 黒帯が黒くない、なんて知らなかった。

 日本女子柔道選手の有段者は、まっ黒な帯ではなく、真ん中に白い一本線が入った黒帯を巻いている。

 2013年は何かと不祥事が話題になった柔道界。だけれども、一連の事件は柔道の根源が変わろうとしている大きなうねりの一部だったのだと本書を読むことで背景が見えてくる。そして、なぜ日本の柔道の女子選手たちのみが、男たちとは違う黒帯を巻いていたのかも……。

 諸流派が存在していた戦前の柔道史から始まり、GHQによる学校柔道の禁止、武徳会の解散による講道館柔道への統一、スポーツ化とグローバル化の中で強化される全柔連体制。段位制度の継承や権力闘争を繰り返すうちに、どんどんと膨れあがる「男のムラ社会」。その来歴をていねいに客観視することで、世界的にも特異な日本の女子柔道の立ち位置が露になってくる。

バルセロナ銀、溝口紀子が柔道界の未来を案ずる。

 バルセロナ五輪女子柔道52kg級の銀メダリストである著者の溝口は、現場の熱を身体に秘めながら、復讐のためではなく柔道全体の未来のために絡み合った糸玉の先端を探そうとする。

 女性初の有段者である小崎甲子の登場や女子の試合を禁じた嘉納治五郎の真意とは? そして、なぜ嘉納は「自分の理想とする柔道は女子の中に受け継がれる」という趣旨の言葉を残したのか?

 女子の黒帯に入る凜とした一本の白い線。これは柔道全体の未来を照らす一筋の光なのかもしれない。新しい年から、新しい柔の道は始まるのだろうか?

コメントする・見る

関連コラム

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

溝口紀子

格闘技の前後のコラム

ページトップ