SCORE CARDBACK NUMBER

新横綱が崩れた九州場所で、
光った和製力士たちの台頭。
~苦悩の日馬富士を倒す存在に~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/12/10 06:00

新横綱が崩れた九州場所で、光った和製力士たちの台頭。~苦悩の日馬富士を倒す存在に~<Number Web> photograph by KYODO

千秋楽、白鵬に下手投げで敗れた日馬富士。横審からは「昇進が早かった」との声も出た。

 1年納めの九州場所、新横綱として土俵に上がった日馬富士は、千秋楽を待たずに14日目、白鵬に23回目の優勝を許してしまった。13日目の3連敗時点で4敗となり、優勝の目が消えると、北の湖理事長は、「大関と横綱は責任の違いがある。必ず千秋楽まで(優勝争いの先頭に)ついていくことが大事。痛感してもらいたい」と新横綱に苦言を呈した。

 9勝6敗という屈辱の成績。優勝賜杯を抱く白鵬の姿が映るテレビ画面に、しばし血走った眼をやった後、ため息を何度もつきながら、日馬富士は言った。

「一生懸命やった結果ですから。今場所はいい経験になりました。横綱土俵入りが終わった後の、集中力のもっていき方やそのタイミングなど、来場所に向けてすべてが勉強になった。心と体をもっと鍛えて頑張ります」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

日馬富士
白鵬
松鳳山
妙義龍
豪栄道
栃煌山

相撲の前後のコラム

ページトップ