SCORE CARDBACK NUMBER

親方たちの世代交代進み、
相撲界は新時代へ。
~武蔵丸や魁皇らが部屋開きへ~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/01/11 06:00

親方たちの世代交代進み、相撲界は新時代へ。~武蔵丸や魁皇らが部屋開きへ~<Number Web> photograph by KYODO

武蔵川部屋を再興する予定の元横綱・武蔵丸。新弟子のスカウトにも熱を入れているという。

 2012年、師走。現在46を数える相撲部屋の動向が慌しかった。

 高見盛の所属する東関部屋に、中村部屋の力士5人が転属した。中村親方(元富士櫻)の定年退職により、同門の東関部屋に吸収合併されたのだ。元幕内潮丸の東関親方は、34歳の若き師匠。36歳の部屋頭である高見盛は、十両十二枚目の地位で初場所を迎える。十両から陥落した時点での引退を明言しているが、「新生東関部屋」で心機一転、引退危機を乗り切れるか。

 くわえて、豪快な塩まきと細やかなファンサービスで人気を呼んだ元幕内北桜が、1月から式秀部屋を継承することも承認された。元横綱武蔵丸も、武蔵川親方(元横綱三重ノ海)が定年を迎える2月に、年寄名跡「武蔵川」を襲名、武蔵川部屋を再興することが明らかになった。現在は元武双山率いる藤島部屋付きの親方として「大島」を名乗る武蔵丸は、内弟子第一号として亜大野球部出身で元甲子園球児の森宗順平投手をスカウト。すでに昨年夏から、17歳の甥っ子を藤島部屋に預けてもいる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

武蔵丸光洋
高見盛

相撲の前後のコラム

ページトップ