詳説日本野球研究BACK NUMBER

藤浪、大谷の才能を伸ばすチームは?
12球団別、高卒投手の一軍起用法。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/09/19 10:31

藤浪、大谷の才能を伸ばすチームは?12球団別、高卒投手の一軍起用法。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今秋ドラフト最大の目玉である花巻東の大谷翔平。最速160キロの本格派右腕として大成が期待されるが、打者としても高校通算56本塁打を誇り、投打ともに超高校級という前代未聞の逸材である。

藤浪、大谷が入団後、順調に成長できそうな球団は?

●日本ハム ~未完成のダルビッシュや中田翔を見出し、育てた指導力~

 西武(野手限定)、ヤクルト、ソフトバンク、巨人とともに、ドラフト巧者と言っていい指名と、その後の育成を行なってきた。たとえば、昨年まで在籍したダルビッシュ有はプロ入り後こそ日本を代表するエースと高く評価されたが、東北高時代は技術的にも精神的にも未熟な部分が目立ち、すべてのスカウトが高い評価を与えていたわけではない。私などはゼロか百かの選手で、ゼロのほうに針が振れていると、真剣に思っていた。

 野手の中田翔にしても中学時代の素行が問題視されることがあったが、そういう部分には頓着せず、ひたすら身体能力の高さや技術力の高さに目を向け、素行矯正の指導も徹底的に行なった。

'08年 土屋健二(横浜) 4試合 5回1/3 0勝1敗
'09年 中村勝(春日部共栄) 12試合 66回1/3 3勝4敗
運天ジョン・クレイトン(浦添工) 1試合 1回 0勝0敗
合計 3人 17試合 72回2/3 3勝5敗

 ダルビッシュのメジャー移籍を睨みながら若手の育成を行ない、その中から吉川光夫がエース格にのし上がり、中村勝が素質を開花させようとしている。私が高校野球の監督ならこういうチームに選手を送り出したい。

●中日 ~高校卒に対する信頼感が薄い?~

 育成もするが5、6年に一度、他球団の大物に触手を伸ばし、中堅・ベテラン選手には長くポジションを託す、という特徴がある。高校卒の抜擢については野手の堂上直倫(23歳)に象徴されるように、今いち徹底しない。大方は選手の責任だが、次に挙げた若手投手の起用傾向を見ると、高校卒に対する信頼感が薄いのかなとも思う。

'08年 伊藤準規(岐阜城北) 13試合 57回2/3 3勝5敗
高島祥平(帝京) 1試合 1回 0勝0敗
小熊凌祐(近江) 7試合 11回 1勝0敗
'09年 小川龍也(千葉英和) 1試合 1回 0勝0敗
'11年 西川健太郎(星稜) 2試合 2回 0勝0敗
合計 5人 24試合 72回2/3 4勝5敗

 入団時にまとまっていない投手は最後までまとまらない、というのが中日の選手の特徴である。中日に藤浪あるいは大谷が入団したらどんな成長曲線を描くのか見てみたい気もする。

●ソフトバンク ~武田翔太だけではなく、無名の選手を発掘する眼力も~

 今年頭角を現したのが高校卒ルーキーの武田翔太である。この選手は速さだけでなく、高校時代から即戦力として通用するコントロール、変化球の精度を備えていたので、現在の活躍は想定内である。しかし、育成ドラフト出身の千賀滉大については、高校時代、その存在にすら気づかなかった。

 勝ち星のあるなしにかかわらず、将来のエースと言ってもいいストレートの速さと質のよさ(打者手許で伸びる)、さらに欠点の少ない投球フォームを見せつけられ、大げさに言えば絶句した。

'08年 二保旭(九州国際大付) 2試合 3回 0勝0敗
'09年 川原弘之(福岡大大濠) 2試合 3回 0勝0敗
'10年 千賀滉大(蒲郡) 2試合 4回2/3 0勝1敗
'11年 武田翔太(宮崎日大) 9試合 49回1/3 6勝1敗
合計 4人 15試合 60回 6勝2敗

 千賀に続いて二保が一軍の試合に起用されているが、この選手も育成ドラフト出身で、現在ファームでは11勝0敗、防御率1.37と無敵を誇っている。こういうチームにBIG2のどちらかが入団したら近い将来、武田や千賀たちとどんな投手陣が形成されるのか期待に胸が膨らむ。

 以上、12球団の高校卒投手の育成状況を駆け足で振り返った。藤浪、大谷のBIG2が入団後順調に成長して行けると自信を持って言えるのは、ソフトバンク、日本ハム、巨人、ヤクルトの4球団。藤浪の獲得に意欲を見せる阪神、オリックスにはもう少し頑張ってほしいと言いたい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

読売ジャイアンツ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
阪神タイガース
北海道日本ハムファイターズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
福岡ソフトバンクホークス
オリックス・バファローズ
千葉ロッテマリーンズ
埼玉西武ライオンズ
藤浪晋太郎
大谷翔平
菅野智之
東浜巨
亜細亜大学
大阪桐蔭高校
花巻東高校

プロ野球の前後のコラム

ページトップ