詳説日本野球研究BACK NUMBER

藤浪、大谷の才能を伸ばすチームは?
12球団別、高卒投手の一軍起用法。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/09/19 10:31

藤浪、大谷の才能を伸ばすチームは?12球団別、高卒投手の一軍起用法。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今秋ドラフト最大の目玉である花巻東の大谷翔平。最速160キロの本格派右腕として大成が期待されるが、打者としても高校通算56本塁打を誇り、投打ともに超高校級という前代未聞の逸材である。

広島はそろそろ「育成のカープ」を実証する好素材を。

●DeNA ~一軍で実績を残したのは下位指名の2人~

 過去4年間で高校生投手の指名人数は6人。バランスがよさそうだが、'11年に大量4人を指名し、好バランスを外に向けアピールした格好だったので信用できない。当然、上位指名はこの11年の北方悠誠1人(唐津商)だけで、一軍で実績を残したのはいずれも下位指名の次の2人である(以下の年度はドラフト開催年。成績は'08年から'12年9月17日までの通算)。

'09年 眞下貴之(東海大望洋) 7試合 24回2/3 1勝1敗
国吉佑樹(秀岳館) 24試合 142回 4勝15敗
合計 2人 31試合 166回2/3 5勝16敗

 上位指名選手の活躍は「球団の戦略の成果」だが、下位指名選手の活躍は「本人の努力の賜物」というのが私の持論。育成に関してはお世辞にもうまいとは言えない。

●ロッテ ~極端な即戦力志向で今年も大卒狙いか~

 過去4年間で高校生投手を指名したのは'08年の山本徹矢(神戸国際大付)と育成ドラフトの4人だけ。極端な即戦力志向のチームで、支配下登録されている38人の投手の中に19~21歳の世代が1人もおらず、22歳も山本徹矢1人だけ。当然、過去4年間の入団選手の中で一軍の実績があるのは山本1人だけだ。

'08年 山本徹矢(神戸国際大付) 11試合 16回 0勝0敗
合計 1人 11試合 16回 0勝0敗

 主力投手は成瀬善久、唐川侑己、小野晋吾と高校卒が少なくないが、そういう成功例に目を向けず、今年も大学卒に向かいそうな雲行きである。

●広島 ~そろそろ「育成のカープ」を実証する時~

 高校生の育成に定評がある。投手、野手を見渡しても前田健太(24歳)、今村猛(21歳)、丸佳浩(23歳)、堂林翔太(21歳)と中心選手に高校卒が並ぶ。しかし、過去4年間のドラフトを振り返れば、1、2位の上位指名は中田廉、今村、堂林の3人と意外に多くない。

'08年 中田廉(広陵) 42試合 66回2/3 2勝1敗
'09年 今村猛(清峰) 117試合 172回1/3 4勝11敗5セーブ
伊東昂大(盛岡大付) 5試合 4回2/3 0勝0敗
'11年 戸田隆矢(樟南) 1試合 3回 0勝1敗
合計 4人 165試合 246回2/3 6勝13敗5セーブ

 一軍で実績を残しているのはここに挙げた4人。数はまあまあでも、本当に一軍に定着しているのは中継ぎエースと言ってもいい今村ただ1人。そろそろ「育成のカープ」を実証するような高校卒の好素材がほしい。もっとも、藤浪や大谷では元がいいので、「育成した」と胸を張って言えないが。

【次ページ】 岡田オリックスの若手抜擢路線はいつまで続く!?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

読売ジャイアンツ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
阪神タイガース
北海道日本ハムファイターズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
福岡ソフトバンクホークス
オリックス・バファローズ
千葉ロッテマリーンズ
埼玉西武ライオンズ
藤浪晋太郎
大谷翔平
菅野智之
東浜巨
亜細亜大学
大阪桐蔭高校
花巻東高校

プロ野球の前後のコラム

ページトップ