SCORE CARDBACK NUMBER

未来の日本代表は
サッカーを科学する?
~バナナシュートはなぜ曲がるのか~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2011/09/22 06:00

未来の日本代表はサッカーを科学する?~バナナシュートはなぜ曲がるのか~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

イベントには北澤氏と岩本輝雄氏が参加し、バナナシュートや凧揚げの見本を披露した

 科学とサッカーの融合――。夏休み真っ只中の8月20日、東京・国立競技場でJリーグの試合前、小学生と保護者50組100人を対象に「親子で学ぶサイエンスサッカースクール」が初めて開催された。サイエンスサッカーとはその名のとおり、サッカーを科学で学ぼうというのがコンセプトである。

 今回のテーマは、どうしてバナナシュートは右や左に曲がるのか。

 ボールを蹴って時計回りの回転を働かせると、発生する向かい風の力で右に曲がる。時計と逆回りの回転をかけると、左に曲がる。この力を「マグヌス効果」と呼び、ボールの模型と扇風機など実験道具を使いながら「バナナになる」原理を分かりやすく説明していくのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

北澤豪

Jリーグの前後のコラム

ページトップ