SCORE CARDBACK NUMBER

世界に誇る日本のピッチに
相応しいパススピードを。
~U-20W杯で感じた世界との差~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/09/14 06:00

世界に誇る日本のピッチに相応しいパススピードを。~U-20W杯で感じた世界との差~<Number Web> photograph by AFLO

国立競技場は、専門のグラウンドキーパーが夏と冬で芝を植え替えてピッチを守っている

 先ごろ、コロンビアで開かれたU-20ワールドカップを取材していて、珍しい出来事に遭遇した。

 ある日の午後、スタジアムが突然の豪雨に見舞われた。雨は数時間にわたって降り続き、メインスタンド下にあるメディアセンターは、なんと床上浸水。ピッチ上も、かなりの水が浮いた。雨自体は試合開始予定時刻を前にほぼ上がったものの、ピッチの整備に時間を要したため、結局、キックオフは1時間遅れに。これまで多くのFIFA主催の大会を取材してきたが、こんな経験は初めてである。

 最近は、日本でも「ゲリラ豪雨」がしばしば起こる。だが、J1の試合が行なわれるスタジアムであれば、そのほとんどは少々の雨ではびくともしない。少なくとも、水が浮いてボールが止まるようなことはまずない。今回の珍体験で、世界的に見ても日本の芝がかなり高い水準にあることを、あらためて実感した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 521文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ブンデスリーガの日本人。

Sports Graphic Number 786

ブンデスリーガの日本人。

 

関連記事

Jリーグの前後の記事

ページトップ