Before The GameBACK NUMBER

悲運と言い訳の永遠のカクテル。~誤審でW杯を失った北アイルランドの消えない記憶~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/12/01 16:00

悲運と言い訳の永遠のカクテル。~誤審でW杯を失った北アイルランドの消えない記憶~<Number Web> photograph by Getty Images

11月12日の第2戦でドローに終わり、W杯出場を逃して放心状態の北アイルランドイレブン。

 アズーリのいないワールドカップ(W杯)はさみしい。そのことについては別のページが割かれるだろう。

 本欄では北アイルランドの不在を書きたい。

 いまアイルランド島北部における「大衆の敵」ナンバーワンは、あるルーマニア人の医師で間違いない。

 オヴィディウ・ハツェガン。

 ティミショアラのビクトル・バベシュ医科薬科大学卒業。37歳の男にはもうひとつ問題の仕事がある。サッカーのレフェリーだ。


 ベルファストのウィンザー・パーク。北アイルランドのフットボールの聖地である。かつては凸凹の芝が悪評だった。そのころホームの代表はロングボールばかりを放り込んだので都合がよかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 948文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

動乱の時代のフットボール。~ロシアW杯出場32カ国最新格付~
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ