SCORE CARDBACK NUMBER

“靱帯のプロ”妙義龍が語る遠藤の強さと復活への秘訣。
~膝の手術か保存療法か~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/04/11 10:30

“靱帯のプロ”妙義龍が語る遠藤の強さと復活への秘訣。~膝の手術か保存療法か~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

遠藤は松鳳山を突き落としで破った際に左膝を痛めてしまい、車椅子で医務室に向かった。

 自身も2度、膝の前十字靱帯断裂を経験した小結妙義龍が感嘆する。

「車椅子で下がっていく遠藤を見て、『強いなぁ……』と思いましたよ。あの痛みはすごいものがあるのに、少しも顔に出していなかったですから」

 3月場所5日目、4連勝と好調ななか「左膝前十字靱帯断裂・半月板損傷」の大けがを負い、休場を余儀なくされた遠藤。その動向が注目されるなか、追手風親方が報道陣に現状を説明した。「半月板の処置(手術)をする可能性は高いが、靱帯の手術はしない方針」だという。

 大学3年時に右脚の前十字靱帯断裂の経験がある遠藤だが、手術はせずに「保存療法」としてリハビリと筋トレでこれを克服。以来、現在までの右脚の状態が良好なことを再確認し、「これならば左脚も手術せずに済む」との判断だという。関節のクッション役をはたす半月板も幸いなことに致命的な損傷ではなく、これまた経過をみて判断するという。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

遠藤
妙義龍

相撲の前後のコラム

ページトップ