ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

老匠の貴重な証言で辿る、
鷹狩の技の1世紀。
~花見薫・著『天皇の鷹匠』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/02/26 06:10

老匠の貴重な証言で辿る、鷹狩の技の1世紀。~花見薫・著『天皇の鷹匠』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『天皇の鷹匠』花見薫著 草思社 1600円+税

 海辺の大リーグ球場がカモメの群れを追い払うため動物派遣会社の鷹を臨時職員として契約、と伝える外電。九州の町で女子高生のペットの鷹でカラス追放に成功、と報じるTVニュース。21世紀の今も、世界中で鷹狩の技は生きている。

 鷹を腕に乗せた埴輪があるが、弥生時代はともかく、鷹狩は信長、家康が夢中になった戦国期から遊びの要素が加わった。江戸時代の鷹狩はステータス・シンボルとして上級武士に愛好された。食糧獲得の実用技から“スポーツ”への転換といえそうだ。鷹狩の技は明治以後、天皇家(宮内庁)によって維持された。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

他競技の前後のコラム

ページトップ