SCORE CARDBACK NUMBER

障害も震災も力に変えて。
挫けぬ18歳、ソチの舞台へ。
~パラリンピックに挑む阿部友里香~ 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byHitachi Solutions,Ltd.

posted2014/02/26 06:15

障害も震災も力に変えて。挫けぬ18歳、ソチの舞台へ。~パラリンピックに挑む阿部友里香~<Number Web> photograph by Hitachi Solutions,Ltd.

右手だけでストックを操り、雪上を滑走する阿部。ソチは高校3年間の集大成の場になる。

 ソチ五輪の閉幕から2週間後の3月7日、パラリンピックが幕を開ける。クロスカントリースキーとバイアスロンに出場する阿部友里香は、岩手県山田町生まれの18歳。20名の日本選手団で唯一の被災地出身者だ。

 阿部は出生時、左腕に障害を負った。肩の神経が傷つき、動かすことはほとんどできない。当然、少女の日常生活には不便さもつきまとったが、幼い頃の記憶をたどる言葉は意外なほど明るい。

「小学校低学年の時に手術をしたんですけど、クラスの友達が寄せ書きを用意してくれて。それがすごくうれしかった」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

阿部友里香
パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ