Number Do MoreBACK NUMBER

<生活習慣を見直そう> 姿勢で太らない 「下半身を鍛えて、美しさと自信を手に」 

text by

粕川哲男

粕川哲男Tetsuo Kasukawa

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2013/07/04 06:00

<生活習慣を見直そう> 姿勢で太らない 「下半身を鍛えて、美しさと自信を手に」<Number Web> photograph by Toshiya Kondo
湯船に浸かるのは面倒だし、シャワーでいいや――。
そんな意識を変える、入浴と「太らない」の関係性を、
入浴剤を開発した会社の“お風呂博士”に聞いた。

好評発売中のNumber Do『太らない生活 2013~健康と軽い体を
手に入れよう~』
では、「生活習慣の見直し」に着目してダイエットを考察。
今回は太りにくい身体の土台となる姿勢改善について、全文公開します!

 デスクワークが多いと、どうしても猫背になりがち。自分でも姿勢が悪いのはわかっているし、なんとなく肥満の原因にもつながっている気がする。

 姿勢を良くするにはどうすれば?

 そもそも「いい姿勢」って?

 そんな疑問をぶつけたのは中野ジェームズ修一さん。テニスのクルム伊達公子選手や卓球の福原愛選手の指導もする人気パーソナルトレーナーだ。

「まず、姿勢が悪いと太りやすいとか、姿勢が悪いと一部分に脂肪がつくとか、そういうことはないんです。でも姿勢が悪い人の体型を調べてみると、下半身の筋肉量が少ないことに気づきます。足が極端に細かったり、足に筋肉があるように見えても脂肪が多かったり。悪い姿勢の原因は人間の土台となる下半身の筋肉量が減っているからなんです」

 姿勢の悪さが何らかの問題を引き起こすのではなく、どこかに問題があるから姿勢が悪くなる。つまり、原因ではなく結果というわけだ。

「姿勢が悪い人は、肩甲骨が広がり背中が丸くなっています」

「筋肉量は、年齢を重ねるごとに減っていきます。20歳を過ぎると、年1%のペースで筋肉量が低下することが東京大学の研究でも証明されている。しかも上半身より、下半身の衰えは顕著。下半身の筋肉量が落ちることで体の土台が崩れ、バランスが悪くなり、姿勢も悪くなる。すると運動もできなくなり、さらに筋肉量が落ちる。まさに悪循環です」

 一口に姿勢の悪さと言っても、バランスの悪さは人それぞれだ。しかし、運動に縁のない人は“背中”が最も姿勢のよしあしを判断できるパーツだという。

「姿勢が悪い人は、肩甲骨が広がり背中が丸くなっています。また、腰が反り気味になっている人も多い。骨盤が後傾していると、お腹が出ている感じがする。『最近お腹が出てきた。腰も痛い』という人は要注意ですね」

 一方、姿勢がいいと感じる人を調べると、適度な筋肉量がある人が多いらしい。

 では、いい姿勢とは何なのか。

【次ページ】 いい姿勢を維持すると、太りにくい身体を獲得できる!

1 2 3 NEXT

他競技の前後のコラム

ページトップ